野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

銀次と枡田…楽天と共に成長してきた2人 入団当時の2軍監督が明かす原点

2017年シーズンで楽天入団12年目を迎える銀次内野手と枡田慎太郎外野手。ともに2005年の高校生ドラフト(銀次が3位、枡田が4位)で入団した2人は、創設されたばかりの球団で歴史を刻んできた。

20170113_ginji_masuda

05年ドラフトで楽天入団、元2軍監督の松井氏が振り返る当時の2人

 2017年シーズンで楽天入団12年目を迎える銀次内野手と枡田慎太郎外野手。ともに2005年の高校生ドラフト(銀次が3位、枡田が4位)で入団した2人は、創設されたばかりの球団で歴史を刻んできた。

 現在、銀次は打線の主軸、枡田は代打の切り札として存在感を見せているが、2人はどのように成長してきたのか。入団当初、銀次と枡田を指導していたのが、名将・野村克也氏の“右腕”としてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めてきた松井優典氏だ。

 楽天の創設1年目の2005年から2軍監督を務めていた松井氏は当時、外野手として入団してきた枡田を内野手として育てる決断を下した。「最初は外野でしたが、外野であの足と長打力だったら、レギュラーにはなれない。でも、ショートであれば、あの打撃は希少性があって、すごく際立つ。ショートでダメだったらセカンドに行かせて、セカンドでダメだったらサードに行かせて、ファーストに行かせて、ダメだったら外野でいい」。そう考え、内野で使い始めた。

 枡田はプロ2年目の後半には頭角を現し、1軍デビューも果たした。しかし、1軍に定着することはできず、戦いの場は2軍が主だった。松井氏は2軍監督として枡田を主にセカンドで使い続けたが、当時は期待に応えるようなプレーをできていなかったという。

人気記事ランキング