野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

重要な場面で結果 パが誇る「チャンスに強い選手」は?

プレッシャーのかかる場面でいつも以上に打撃能力を発揮する選手、つまり「チャンスに強い選手」というとどの選手が思い浮かぶだろうか。ここでは、パ・リーグの選手の過去10年のデータを基に「チャンスに強い選手」を紹介していく。

過去10年のデータを基に分析、勝負強い打撃見せるパ・リーグの主な打者は?

 2016年10月29日、北海道日本ハムが10年ぶりとなる日本一に輝いた。シーズンが終了して早くも2か月が経過したが、「SMBC日本シリーズ2016」第5戦の北海道日本ハム・西川遥輝選手の日本シリーズ史上2人目となるサヨナラ満塁本塁打が印象に残っている方は多いだろう。2勝2敗の五分で迎え、勝った方が日本一へ王手をかけられる大事な試合。9回裏に迎えた2死満塁という絶好機で西川はしっかりとチャンスをものにし、日本シリーズ制覇に王手をかけた。

 一打勝ち越し、それもシリーズ全体の流れを引き寄せる重要な場面で結果を残した西川のように、プレッシャーのかかる場面でいつも以上に打撃能力を発揮する選手、つまり「チャンスに強い選手」というとどの選手が思い浮かぶだろうか。ここでは、パ・リーグの選手の過去10年のデータを基に「チャンスに強い選手」を紹介していく。

【北海道日本ハム・田中賢介選手】
2009年:得点圏打率.322 打率.283
2010年:得点圏打率.419 打率.335
2015年:得点圏打率.346 打率.284
2016年:得点圏打率.300 打率.272

 今季優勝した北海道日本ハムの選手で、2006年の日本一を経験している数少ないメンバーの一人である田中賢。チームに安心感を与える精神的支柱として支え、日本一に大きく貢献。アメリカでのプレー経験のある35歳のベテランの勝負強さは、2009年、2010年から現在まで変わらない。ここでは得点圏打率が3割超えとなったシーズンのデータを記載したが、メジャーへ移籍した年や怪我で離脱した年を除けば、ほとんどのシーズンで高い得点圏打率を残している。特に2010年は得点圏打率が.419と、過去10年間で最も高い数字を記録する好成績を残した。

人気記事ランキング