野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「7色の変化球」操るオリックス金子、最も空振りを奪った球種とは?

球界屈指の変化球の使い手と言えば、この男の名前を挙げるファンも多いだろう。オリックス・金子千尋。33歳の右腕は過去2度の最多勝を獲得し、通算104勝をマークしているパ・リーグを代表する投手だ。

オリックス・金子

驚くべき「変化球の主体の投球」、ストレートはわずか40%

 球界屈指の変化球の使い手と言えば、この男の名前を挙げるファンも多いだろう。オリックス・金子千尋。33歳の右腕は過去2度の最多勝を獲得し、通算104勝をマークしているパ・リーグを代表する投手だ。

侍ジャパンに置きたい「代打の切り札」 “天才”代打師が明かす1打席の「心得」とは(前編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 しなやかな体から力みのないフォームで繰り出される変化球は、7種類とも言われる。そんな右腕が昨季、どの球種を最も投げ、どの球種で最も空振りを奪ったのか。「パ・リーグTV」提供のデータをもとに分析した。

 金子の昨季の総投球数は2736球。ストレートを含めた全8球種の内訳は以下の通り(カッコ内は総投球数に対する割合)。

○ストレート 1097球(40.1%)
○チェンジアップ 494球(18.1%)
○スライダー 428球(15.6%)
○スプリット 258球(9.4%)
○カーブ 197球(7.2%)
○シュート 122球(4.5%)
○カットボール 112球(4.1%)
○ツーシーム 28球(1.0%)

 まず驚かされるのは、変化球が占める割合だ。投手陣は西武・菊池(56.1%)、日本ハム・大谷(54.3%)、ロッテ・石川(54.3%)のように、直球の割合が50%を超えている投手も多いが、金子はわずか40.1%にとどまり、チェンジアップ、スライダーを柱とした変化球の割合は59.9%。5球のうち3球は変化球を投げている計算となり、「変化球主体の投球」と言ってもいいだろう。

人気記事ランキング