野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、最強左腕、25歳天才打者も 殿堂入り確実現役9人、米メディア特集

イチロー、最強左腕、25歳天才打者も 殿堂入り確実現役9人、米メディア特集

2017年の米国野球殿堂入り選手が間もなく発表となる。メジャーでは現役引退後、5年で殿堂入りの選考対象となる資格を手にすることになるが、米メディア「FOXスポーツ」電子版ではその発表前のタイミングで現役選手で将来的な殿堂入りが確実な9人のスーパースターを特集。マーリンズのイチロー外野手らを選出している。

イチローはカブレラ、プホルスに続き3番手で登場

 2017年の米国野球殿堂入り選手が間もなく発表となる。メジャーでは現役引退後、5年で殿堂入りの選考対象となる資格を手にすることになるが、米メディア「FOXスポーツ」電子版ではその発表前のタイミングで現役選手で将来的な殿堂入りが確実な9人のスーパースターを特集。マーリンズのイチロー外野手らを選出している。

侍ジャパンに置きたい「代打の切り札」 “天才”代打師が明かす1打席の「心得」とは(前編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 特集では「どの現役選手がクーパーズタウンで永久不滅の存在となるのか、迷う価値はある。少なくとも50人は重要な候補となるが、殿堂は本当に限られた者のためのものだ」と前置きし、現役の中で殿堂入り確実な選手を選出。1番手にタイガースのミゲル・カブレラ内野手を挙げている。

 首位打者4度、本塁打王2度、ア・リーグMVP2度、3冠王というタイトルを誇るカブレラはルーキー時代の2003年にマーリンズでワールドシリーズ制覇も経験したと紹介。WAR(打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表す)は現役打者で4番目に高い67.9という数値を誇っているという。

 2番手に登場したのは、エンゼルスのアルバート・プホルス内野手。記事ではナ・リーグMVP3度と新人王を手にし、現役トップの591本塁打、1214四球、1817打点を誇っていることを紹介。カージナルス時代にワールドシリーズ2度制覇したプホルスは、12月の足の裏の手術を受けたが「オフの足の手術からすぐに復帰できれば、残り175本となった今季3000本安打に到達する可能性もある」と分析されている。通算WARは91.2で現役打者トップという。

人気記事ランキング