野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

山崎康は守護神を守り抜けるのか? どうなるDeNA「勝利の方程式」

今季19年ぶりのリーグ優勝&日本一を目指すDeNA。ラミレス監督は開幕投手に3年目の石田を指名し、井納、今永を加えた3人を柱とした先発陣の構想を着々と進めているが、もう一つの課題が救援陣の整備だろう。

20150820_yamasaki

どうなるDeNA「ヤスアキジャンプ」、守護神死守へ必要なものとは

 今季19年ぶりのリーグ優勝&日本一を目指すDeNA。ラミレス監督は開幕投手に3年目の石田を指名し、井納、今永を加えた3人を柱とした先発陣の構想を着々と進めているが、もう一つの課題が救援陣の整備だろう。

 昨季CS進出の原動力の一つとなったのが、ブルペン陣の奮闘だ。田中、須田からセットアッパーの三上、クローザーの山崎康につなぐという形が確立され、勝ちパターンができ上がった。一方で、課題が残ったことも事実。最も大きなポイントは、山崎康が夏場に陥った不振だ。

 8月上旬に4連投ですべて失点し、計10失点。指揮官はカードや球場ごとの相性を重視し、防御率が悪かった肝心の本拠地・横浜スタジアムで一時、抑えから外すなど日替わり守護神を強いられた。

 結果的にその日、誰が抑えをやるか試合終盤までわからない状況が続き、ブルペン陣全体に少なからず負担が広まった。シーズン終盤には田中が調子を落とし、須田が故障で離脱した。山崎康も史上初の新人から2年連続30セーブとなる33ーブをマークしたが、防御率は1年目の1.92から3.59と悪化し、決して満足のいくシーズンではなかった。

 通常、監督、投手コーチは9回から逆算して継投の配置を固めていく。肝心のクローザーが不安定では全体の構想が崩れてしまう。球団幹部が「去年と同じ状態だったら、抑えには使えない」と指摘するように奮起が求められるが、復活へのポイントは何か。一番は「脱・ツーシーム頼み」で投球の幅を広げることだ。

 山崎康は投球を直球と代名詞のツーシームで組み立てる。夏場はストライクからボールに落ちる球を見極められ、ストライクゾーンに入った球を痛打される場面が目立った。圧倒的な威力を誇る球種だけに依存度が大きい分、キレが落ちると、抑えることが困難になってしまう。もちろんシーズン通して好調を維持できればいいが、そう簡単にはいかない。

人気記事ランキング