野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB若手スター3人の起用法が鍵? 前回WBCで日本撃破の強豪は今大会もV候補

MLB若手スター3人の起用法が鍵? 前回WBCで日本撃破の強豪は今大会もV候補

前回のWBCで日本を破って決勝に進出したプエルトリコが3月の第4回WBCに向けて着々と準備を進めている。MLB公式サイトでは同国代表で現段階で招集が決まっている主な選手とともに戦力を特集。「ベテランと伸び盛りの若手スター選手の融合で、プエルトリコはWBC決勝の舞台を再び狙っている」とレポートしている。

前回準Vのプエルトリコは「ベテラン&若手スター融合」でチーム力向上

 前回のWBCで日本を破って決勝に進出したプエルトリコが3月の第4回WBCに向けて着々と準備を進めている。MLB公式サイトでは同国代表で現段階で招集が決まっている主な選手とともに戦力を特集。「ベテランと伸び盛りの若手スター選手の融合で、プエルトリコはWBC決勝の舞台を再び狙っている」とレポートしている。

 プエルトリコは将来の米国野球殿堂入りが有力視されている39歳のカルロス・ベルトラン外野手(アストロズ)、MLBを代表する名捕手の34歳、ヤディアー・モリーナ(カージナルス)が4大会連続で出場することが決定。また特集ではセス・ルーゴ投手(メッツ)、アレックス・クラウディオ投手(レンジャーズ)、ハビアー・バエズ内野手(カブス)、カルロス・コレア内野手(アストロズ)、フランシスコ・リンドーア内野手(インディアンス)、T.J.リベラ内野手(メッツ)、エディ・ロザリオ外野手(ツインズ)のロースター入りが確定していることを紹介している。

 記事では「エドウィン・ロドリゲス監督のもとには、多くのMLB選手が揃っており、これからさらに増える可能性もある」と言及。4大会連続出場となるベテラン2選手に加えて、頭角を現す若手選手の存在がチーム力を向上させているとしている。

 その中で、指揮官は選手起用で難しい決断を迫られるという。バエズ、コレア、リンドーアといった選手が主にショートを本職としており、ポジションがかぶるからだ。

 特にバエズは二塁の経験があるものの、コレアとリンドーアは所属球団でショートのレギュラーを務めており、「どちらかを三塁で起用する可能性も含めて、起用法に注目が集まる」とレポートしている。

人気記事ランキング