野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

異例のスーパーバイザー就任 DeNA筒香が少年野球の運営に携わる理由

引退した野球選手が少年野球チームを立ち上げたり、現役選手が少年野球のトーナメントを主催したり、という話はあるが、現役選手が少年野球チームの運営に関わることは稀だ。なぜ今、筒香嘉智はスーパーバイザーに就任したのか。それは、発言権が増した今こそ「野球界に還元する」行動を起こしたかったからだ。

出身ボーイズリーグの小学生部門で“思い”を還元

 今冬最大の寒波が日本列島に押し寄せた15日、大阪府河内長野市にある堺ビッグボーイズ(堺BB)のグラウンドには、子供たちの元気な声が響き渡った。この日は堺BB小学生部門「Team Agresivo(チーム・アグレシーボ)」の体験会が開催され、遠くは岡山県から野球経験のあるなしに関わらず、午前・午後の部で合計60人の5~10歳の子供たちが集まった。同時に、堺BBのOBでもあるDeNA筒香嘉智外野手がスーパーバイザーに就任。子供たちと一緒に笑顔で白球を追った。

 引退した野球選手が少年野球チームを立ち上げたり、現役選手が少年野球のトーナメントを主催したり、という話はあるが、現役選手が少年野球チームの運営に関わることは稀だ。しかも、筒香は昨季セ・リーグ打撃2冠に輝き、今年3月のWBCでは侍ジャパンの主軸を担う“旬”な男。25歳という年齢を考えても、自分のパフォーマンスを向上させることだけに意識が向いてもおかしくない。なぜ今、筒香はスーパーバイザーに就任したのか。それは、発言権が増した今こそ「野球界に還元する」行動を起こしたかったからだ。

 プロ3年目のオフからアメリカ合衆国でトレーニングを始め、2015年オフにはドミニカ共和国でウインターリーグに参加。その印象が強く、海外にやや傾倒しているように思われがちだが、根本にある思いは「自分を成長させてくれた野球、そして野球界への感謝」だ。海外での滞在期間中に、現地で子供たちの育成や指導場面に接する機会があり、指導方法や子供たちの表情の違いに衝撃を受けた時も、頭に浮かんだことは「日本で同じことができないわけがない」という思いだった。その率直な思いに耳を傾け、実現の場を提供してくれたのが、堺BBの瀬野代表だったというわけだ。

人気記事ランキング