野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 鷹助っ人が侍Jに立ちはだかる? トップ級内野手揃うオランダ、懸念は投手陣

鷹助っ人が侍Jに立ちはだかる? トップ級内野手揃うオランダ、懸念は投手陣

鷹の助っ人がアメリカ行きを目指す侍ジャパンの前に立ちはだかるか――。2013年のWBCで4強入りしたオランダが今大会も好選手を集めつつある。また、駒不足が指摘される投手陣でエース候補となるのがソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。

20160402_vandenhurk

前回大会4強のオランダ、内野陣に「メジャートップ級選手」

 鷹の助っ人がアメリカ行きを目指す侍ジャパンの前に立ちはだかるか――。2013年のWBCで4強入りしたオランダが今大会も好選手を集めつつある。ザンダー・ボガーツ内野手(レッドソックス)、アンドレルトン・シモンズ内野手(エンゼルス)、ジョナサン・スコープ内野手(オリオールズ)の出場がすでに決定。また、駒不足が指摘される投手陣でエース候補となるのがソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。

白星発進の侍ジャパン、第2戦は菅野が先発へ 「ここまできたらやるしかない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 メジャーデビューから今季5年目を迎えるボガーツは15年に打率.320、7本塁打、81打点、16年に打率.294、21本塁打、89打点と躍進を果たし、2年連続でシルバースラッガー賞を受賞。シモンズも2度のゴールドグラブ賞を誇る好選手で、スコープもメジャー4年目の昨季にキャリア最多162試合に出場し、打率.267、25本塁打、82打点と飛躍を遂げた。

 いずれも20代の好選手で、オランダ代表の戦力を分析したMLB公式サイトでの特集でも「内野陣はトップ級のメジャーリーガーが揃う」と高評価。さらに昨季20本塁打を放ったディディ・グレゴリウス内野手(ヤンキース)の招集に動いていることもリポートされており、実現すればさらに戦力はアップするだろう。

人気記事ランキング