野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

小林の正捕手定着に待った? 巨人で成長中の2年目・宇佐見真吾の魅力

2月1日のキャンプインまで約2週間に迫り、自主トレーニングも終盤にさしかってきた。2014年以来のリーグ優勝を目指す巨人は史上初のFA3選手獲得など大型補強もあり、レギュラー争いが過熱。捕手も阿部慎之助が次世代の正捕手、小林誠司育成のために米グアムの自主トレで英才教育を施している。その小林の対抗馬として注目されているのが、2年目の宇佐見真吾捕手だ。

強肩強打の23歳が「憧れ」の阿部から学んだものとは

 2月1日のキャンプインまで約2週間に迫り、自主トレーニングも終盤にさしかってきた。2014年以来のリーグ優勝を目指す巨人は史上初のFA3選手獲得など大型補強もあり、レギュラー争いが過熱。捕手も阿部慎之助が次世代の正捕手、小林誠司育成のために米グアムの自主トレで英才教育を施している。その小林の対抗馬として注目されているのが、2年目の宇佐見真吾捕手だ。

侍ジャパンが「チーム1つになって」WBCへ 最後の強化試合は秋山の決勝打で劇的勝利(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 千葉県出身の宇佐見は市柏高から城西国際大に進学し、レギュラーを獲得。「強肩強打」の捕手として注目を浴び、「憧れの選手は阿部慎之助さんです」と話す右投左打のスラッガーと同じジャイアンツに15年ドラフト4位で入団した。大学4年夏にユニバーシアードの日本代表に選ばれて世界一を経験。創価大・田中正義(現ソフトバンク)、早実高・清宮幸太郎らが出場した大学ジャパンVS高校ジャパンの壮行試合(甲子園)でもプレーした。1年目の昨季、1軍出場はなかったが、2軍調整をしていた阿部のプレーを間近で見て勉強した。

 昨年の2軍デビュー間もない頃、前の登板で阿部がリードした投手が好投し、勝利投手に。しかし、次の試合、その投手を宇佐見がマスクをかぶると失点し、精彩を欠いた。試合後、阿部からこう指摘された。

「俺のリードを見ていたか?」

人気記事ランキング