野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB公式サイトが侍ジャパンを徹底分析 3度目の世界一は「間違いなく可能」

MLB公式サイトが侍ジャパンを徹底分析 3度目の世界一は「間違いなく可能」

3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、MLB公式サイトが野球日本代表「侍ジャパン」の戦力を分析する特集記事を掲載した。緻密な野球で過去2度の優勝を飾っている侍ジャパンだが、本来の「強み」である投手陣は、準決勝敗退に終わった前回大会に続いてメジャーリーガーなしで本番に臨む可能性が出ている。

20170117_otani

二刀流・大谷に「世界が注目」、投手陣には若干の不安も「非常に優秀な選手がいる」

 3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、MLB公式サイトが野球日本代表「侍ジャパン」の戦力を分析する特集記事を掲載した。緻密な野球で過去2度の優勝を飾っている侍ジャパンだが、本来の「強み」である投手陣は、準決勝敗退に終わった前回大会に続いてメジャーリーガーなしで本番に臨む可能性が出ている。特集ではその点を指摘しつつ、3度目の優勝は「間違いなく可能」と結論づけている。

 記事ではまず、二刀流の大谷翔平について言及。「野球界はショウヘイ・オオタニに注目するだろう。噂の二刀流であり、2016年の日本ハムファイターズで100マイル(約161キロ)の速球を記録。382打席に立ち、22本塁打、OPS(出塁率+長打率)1.004という成績を残している」。今大会で、世界の目が大谷に注がれると予想。さらに、「この22歳のスーパスターに加え、日本には非常に優秀な選手がいる」として、昨年末に一部が先行発表された19人のメンバーを羅列している。

 その構成について、「現在、ロースター入りを果たしているMLB選手はアオキだけだ」と、青木宣親外野手(アストロズ)の参戦を紹介。残り9人がまだ確定していないが、「マサヒロ・タナカやヒサシ・イワクマが代表入りする可能性も残されている。また、2006年と2009年の大会に出場したイチロー・スズキも同様だ。タナカは09年と13年のメンバーであり、イワクマは09年に代表としてマウンドに立っている」と、現役メジャーリーガーが招集される可能性もあると予想している。しかし、実際には実現は微妙な状況だ。

人気記事ランキング