野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

亡命続出のキューバ、WBC初V狙うも…MLB公式サイト「日本が立ちはだかる」

2006年第1回大会での準決勝以来、WBCでは決勝ラウンド進出にすら届いていないキューバ。3月に開幕する第4回WBCでは、日本と同組のプールCに組み分けされ、3大会ぶりの2次プール突破、そして悲願の初優勝を狙う。数々の国際大会で強さを見せつけ、”赤い旋風”の異名を執るキューバだが、今回も苦戦を強いられることになりそうだ。

トップ選手は亡命してメジャーへ、打線の核はデスパイネか?

 2006年第1回大会での準決勝以来、WBCでは決勝ラウンド進出にすら届いていないキューバ。3月に開幕する第4回WBCでは、日本と同組のプールCに組み分けされ、3大会ぶりの2次プール突破、そして悲願の初優勝を狙う。数々の国際大会で強さを見せつけ、”赤い旋風”の異名を執るキューバだが、今回も苦戦を強いられることになりそうだ。

侍ジャパン、7日に第4回WBC初戦のキューバ戦 2大会ぶりの世界一はなるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 近年、キューバ国内リーグのトップ選手や若手有望株が、メジャー球団との契約を求めて続々と亡命した。今回の代表チームは、アメリカでプレーする亡命選手の招集が見送られたため、国内リーグでプレーする選手が中心となる見通し。同国の現時点での戦力を特集したMLB公式サイトでは「だからと言って、この国のメンバーが手強くないというわけではない」と分析。「この島は、代表の責務を果たせる才能あふれる選手で溢れかえっている」とリポートしている。

 そんな中、キューバ代表チームの”ハイライト”とされているのが、昨季までロッテでプレーしたアルフレド・デスパイネ外野手だ。2013年の第3回大会では、打率.389、出塁率.522、長打率.944、3本塁打、8打点という好成績を残し、プールAのMVPに輝いた。その後、ロッテでプレーした大砲は、同組ライバル日本の手の内を十分に知り尽くしているだけに、カギを握る存在となるだろう。だが、記事では「主砲デスパイネの周りを固める打線作りに苦労するだろう」と予測。「キューバを代表する強打者が出場できず、得点を挙げるのに苦労するだろう」と分析している。

人気記事ランキング