野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 辻新監督、菊池の飛躍、正遊撃手…チーム再建目指す西武17年注目ニュース

辻新監督、菊池の飛躍、正遊撃手…チーム再建目指す西武17年注目ニュース

辻発彦新監督を迎え、3年連続Bクラスからのチーム再建を目指す西武ライオンズ。昨季の低迷の原因として「投手力不足」が挙げられる中、絶対的エースだった岸がFA移籍でチームを去った。投手陣のステップアップが求められる一方で、リーグ屈指の打線はどんな様相を呈するのか。2017年に注目されるトピックスを取り上げてみた。

20150724_nakamura

3年連続Bクラスからの脱却目指す西武、2017年の注目ニュースは?

 辻発彦新監督を迎え、3年連続Bクラスからのチーム再建を目指す西武ライオンズ。昨季の低迷の原因として「投手力不足」が挙げられる中、絶対的エースだった岸がFA移籍でチームを去った。投手陣のステップアップが求められる一方で、リーグ屈指の打線はどんな様相を呈するのか。2017年に注目されるトピックスを取り上げてみた。

○辻新監督の手腕やいかに?

 何と言っても、今季最大の注目は、新しくなった指揮官によって、チームがどのような変化を見せるかだろう。昨季ダントツでリーグワーストだった失策数「101」を減らすため、守備のテコ入れが至上命題の1つとされる中、西武黄金期に“名二塁手”としてその名を轟かせた守備の達人が、いかにそのメソッドを選手に植えつけられるか。また一方で、昨季は6球団のうち打率2位、得点2位タイ、本塁打1位と、リーグ屈指の破壊力を誇った打撃力をどのようにして生かしていくか。起用選手、打順、投手起用法など、“辻カラー”をどこに色濃く出していくのかは必見だ。

○主将就任による浅村のさらなる進化

“辻カラー”として、まず最初に出色したのが、浅村のキャプテン抜擢だった。昨秋キャンプに「まだ仮にだから」と“お試し期間”として任命した時点で、おそらく決意は固まっていたのであろう。同キャンプ終了直後に行われた11月末のスポンサー向けパーティーの席で、早々に正式指名した。中学、高校時代を合わせても初となる大役に、本人も「言葉ではなく、プレーで引っ張るのが理想。そして、ピンチの時こそ声を掛けにいけるような、周りがしっかりと見られるキャプテンになりたい」と、意欲十分だ。さらに、今季から念願の背番号『3』のユニフォームを身に纏うことになった。「背番号3は、チームの顔の人がつけてきた番号。自分もその“顔”になれるように頑張っていきたい」と話しており、チーム牽引の責任感はより一層増すことは間違いない。自身の目標に「すべての数字でキャリアハイ」を掲げていることからも、今季最も注目すべき選手である。

人気記事ランキング