野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 前DeNA0発助っ人ロマック カナダ代表でWBC初出場に気合「最高の舞台だ」

前DeNA0発助っ人ロマック カナダ代表でWBC初出場に気合「最高の舞台だ」

3月に開幕する第4回WBCに向け、エリック・ガニエ、ライアン・デンプスターが現役復帰することで大きな話題を呼んでいるカナダ代表チームだが、NPBの元助っ人2選手も参加に意欲を燃やしている。カナダの野球専門サイト「カナディアン・ベースボール・ネットワーク」が伝えている。

元日本ハムのモルケンは2度目のWBC出場へ

 3月に開幕する第4回WBCに向け、エリック・ガニエ、ライアン・デンプスターが現役復帰することで大きな話題を呼んでいるカナダ代表チームだが、NPBの元助っ人2選手も参加に意欲を燃やしている。カナダの野球専門サイト「カナディアン・ベースボール・ネットワーク」が伝えている。

 WBC初出場に向けて並々ならぬ熱い思いを語っているのが、昨季DeNAでプレーしたジェイミー・ロマック内野手だ。

 米マイナー通算200発の看板をひっさげ、「5番・三塁」のクリーンアップ候補として昨オフに入団。「20~25発は打ってほしい」(ラミレス監督)と期待され、本人も「日本でキャリアを終えたい」と意気込んでいたが、早々と4月に2軍落ち。以降は1軍に定着できず、まさかのシーズン0本塁打、出場30試合で71打数8安打、打率.113で2打点に終わり、レギュラーシーズン終了と同時に帰国、自由契約となっていた。ただ、2軍で腐ることなく熱心に練習をこなし、凡打でも全力疾走するマジメな姿勢はファンの間でも知られていた。

 今季はパドレスとマイナー契約を結んだロマックは、これまで何度もカナダ代表に選ばれ、2011年ワールドカップでは銅メダル、2011年パンアメリカン競技大会では金メダル獲得に大きく貢献したが、WBCは今回が初出場となる。

人気記事ランキング