野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャー82勝左腕も…WBC“史上最強”中国は侍ジャパン1次R最後の関門に?

メジャー82勝左腕も…WBC“史上最強”中国は侍ジャパン1次R最後の関門に?

侍ジャパンが3月に挑む第4回WBC。2大会ぶりの世界一奪還へ向け、日本ハム・大谷、ヤクルト・山田ら強力メンバーをそろえているが、同じB組で1次ラウンド(R)で激突する中国も元メジャー監督が指揮を執り、“史上最強”メンバーで挑むようだ。MLB公式サイトが特集している。

20170119_chen

2大会連続で金星「過去より戦力的に向上する可能性を秘めている」

 侍ジャパンが3月に挑む第4回WBC。2大会ぶりの世界一奪還へ向け、日本ハム・大谷、ヤクルト・山田ら強力メンバーをそろえているが、同じB組で1次ラウンド(R)で激突する中国も元メジャー監督が指揮を執り、“史上最強”メンバーで挑むようだ。MLB公式サイトが特集している。

 前回大会に続いて指揮を執るジョン・マクラーレン監督は、マリナーズ、ナショナルズで監督を務め、長年メジャーで指導者を務めてきた人物だ。

 記事では「マクラーレン監督はMLB経験者をロースターに加える可能性がある」と分析。ブルース・チェン(元ロイヤルズ)、バンス・ウォーリー(オリオールズからFA)、オースティン・ブライス(マーリンズ)、コルテン・ウォン(カージナルス)のメンバー入りが予想されるとした上で「過去の大会よりも戦力的に向上する可能性を秘めている」と“史上最強”になることを予測している。

 98年にメジャーデビューし、11球団で通算82勝のベテラン左腕チェンは2015年に現役引退を表明しているが、今大会もメンバー入りする可能性があるという。さらに、右腕のウォーリーは11年にフィリーズで先発として11勝を挙げ、右腕のブライスも昨季マーリンズでメジャーデビューした期待のホープ。「いずれもプロ選手としての経験を積んでいる」と評価し、加えて韓国プロ野球でプレーする代表候補・クォンについて、マクラーレン監督は「ゆくゆくはMLBでもローテーション5番手を任せられる」と能力を認めているという。

人気記事ランキング