野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ契約延長交渉はキャンプ中に本格化か? 米メディア伝える

今季終了後にフリーエージェント(FA)となるレンジャーズのダルビッシュ有投手の契約延長交渉が、スプリングトレーニング中にも本格化しそうだ。球団公式サイトが予測している。

20160910_darvish

昨季キャンプ中にはベルトレの2年契約延長を発表

 今季終了後にフリーエージェント(FA)となるレンジャーズのダルビッシュ有投手の契約延長交渉が、スプリングトレーニング中にも本格化しそうだ。球団公式サイトが予測している。

 現地20日にダラスで行われた球団イベントに参加したダルビッシュは、3月に開催される第4回WBCの不参加を正式表明。2015年3月に受けた右ひじ靱帯修復手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰2年目の今季、通常のキャンプ期間中に“大事な試合”に投げることは「リスクが大きすぎる」との見解を示したという。

 球団創設以来まだ一度もワールドシリーズ制覇を果たしたことのないレンジャーズは、今オフに積極的な補強に乗り出し、今季の悲願達成に懸ける意気込みは並々ならぬものがある。同時にシーズン終了後にFAとなるダルビッシュにとっても、今季のパフォーマンスは次期契約を大きく左右するだけに重要な1年となる。WBC不参加という選択は、球団にとっても右腕にとっても賢明な選択だったと言えそうだ。

 米メディアやファンの間では「レンジャーズはダルビッシュと契約延長すべき」という声が高まっているが、ダニエルズGMはダルビッシュ側と契約に関する話を少ししたが具体的なものではなかったと語ったそうだ。記事によれば、レンジャーズの傾向として「契約延長交渉はスプリングトレーニング中に本格化する」という。チームの主将的存在でもあるエイドリアン・ベルトレ内野手が2年契約延長に合意したのも、昨年のスプリングトレーニング中だった。

人気記事ランキング