野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本は“3強”の一角? WBC優勝オッズはドミニカ、米国に次ぐ3番手の「4倍」

各国が“本気度”を見せる中、小久保裕紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は2大会ぶりの世界一に輝くことが出来るのか。英ブックメーカー「ウィリアムヒル」の現時点での優勝オッズでは、日本は“3強”の一角との評価を得ている。

ブックメーカーの予想で3番手の評価、2連覇狙うドミニカが最強?

 3月に開幕する第4回WBCへ向け、各国の陣容が固まってきている。ここにきて、2連覇を狙うドミニカ共和国、初優勝を目指すベネズエラという中南米の2つの強国が、新たに強力なメンバーを加える見込みだと米メディアが報じた。ドミニカはホセ・バティスタ外野手(ブルージェイズ)、ベネズエラはビクター・マルチネス内野手(タイガース)、マーティン・プラド内野手(マーリンズ)、アルシデス・エスコバル内野手(ロイヤルズ)らを追加招集するという。

 各国が“本気度”を見せる中、小久保裕紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は2大会ぶりの世界一に輝くことが出来るのか。英ブックメーカー「ウィリアムヒル」の現時点での優勝オッズでは、日本は“3強”の一角との評価を得ている。

 日本は今大会、青木宣親外野手の参戦が決定。ベスト4に終わった2013年は国内組だけで臨んだため、2大会ぶりにメジャーリーガーがチームに加わることになった。しかし、上原浩治投手(カブス)はすでに辞退を表明。地元メディアの報道によると、ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)も20日(日本時間21日)の球団イベントに出席した際に不参加を正式表明したという。前田健太投手(ドジャース)も参加しないことがすでに伝えられており、青木以外のメジャーリーガーの招集は厳しい状況だ。

 大谷翔平(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)、筒香嘉智(DeNA)ら国内のスター選手を揃える日本だが、「ウィリアムヒル」が付けた優勝オッズは4倍。これは前回覇者のドミニカ共和国の3.50倍、そして豪華な野手陣を揃えてきた米国の3.75倍に次ぐ3番目の数字だ。

人気記事ランキング