野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローは今年も外野3ポジションでフル稼働? マ軍が控え4人体制を検討

イチローは今年も外野3ポジションでフル稼働? マ軍が控え4人体制を検討

イチロー外野手の所属するマーリンズが、今季は救援投手を8人体制にし、控え野手4人でシーズンに臨む可能性があるとMLB公式サイトが報じている。外野の全ポジションを高いレベルでこなせるイチローは、今季もフル稼働することになりそうだ。

イチローらバックアップに「多様性が存在」、救援を8人に増加か

 イチロー外野手の所属するマーリンズが、今季は救援投手を8人体制にし、控え野手4人でシーズンに臨む可能性があるとMLB公式サイトが報じている。外野の全ポジションを高いレベルでこなせるイチローは、今季もフル稼働することになりそうだ。

 MLB公式サイトは「マーリンズはベンチ要員4人を計画中」とのタイトルで記事を掲載。マーリンズ番のジョー・フリサロ記者が「交代要員の多様性が球団に追加の強打者契約の回避をもたらすかもしれない」とレポートしている。

 マーリンズは現在、右打ちの強打者であるクリス・カーター、マーク・レイノルズという2人の一塁手に興味を示していると報じられている。左打ちのジャスティン・ボーア内野手と併用する狙いがあるとされているが、MLB公式サイトによると、「マーリンズは追加の控え選手のためにFA市場を引き続き監視しているが、強打者との契約は最優先事項ではない」という。

 また、昨シーズン終盤、エース右腕のホセ・フェルナンデス投手をボート事故で亡くすという悲劇に見舞われたマーリンズは、19日(日本時間20日)にレッズからトレードで右腕のダン・ストレイリー投手を獲得。「28歳はローテーションの4~5番手を確保する事が期待され、そしてロースターへの主な追加選手は恐らく彼が最後となる」と、先発投手の補強は終了した模様だ。

 では、残るポイントはどこになるのか。フリサロ記者は、強化責任者のマイケル・ヒル氏が「8人の救援で13人の投手陣を携えることが考えられる」と話していたことを紹介。「球団はリリーバーを追加し、4人のベンチ要員でいくことを真剣に検討している」としている。

人気記事ランキング