野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

メジャー組は青木宣親のみ 世界一2度の安打製造機にかかる“V使者”の期待

侍ジャパンで主戦投手と期待されていたヤンキースの田中将大、レンジャーズのダルビッシュ有投手が3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は不参加となり、24日に発表された日本代表の登録メンバー27選手で日本人メジャーリーガーはアストロズ・青木宣親外野手のみとなった。

「必要であれば喜んで参加します」ベテランの心意気に感銘の小久保監督

 侍ジャパンで主戦投手と期待されていたヤンキースの田中将大、レンジャーズのダルビッシュ有投手が3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は不参加となり、24日に発表された日本代表の登録メンバー27選手で日本人メジャーリーガーはアストロズ・青木宣親外野手のみとなった。

 青木の参加について、小久保監督は「彼自身の口から『どんな状況になろうとも必要であれば喜んで参加します』と早い段階で伝えてくれていた選手。その心意気とメジャーで戦っている強さ、経験を直に同じ野手に伝えてもらえたり、そういうことも含めて期待しています」と全幅の信頼を寄せた。気になる起用方法については「1番、2番のところで起用しようと思ってます」と、経験豊富な斬り込み隊長として起爆剤になることを期待した。

 WBCに出場した日本人メジャーリーガーは、2006年の第1回大会で大塚晶則投手(当時レンジャーズ)、イチロー外野手(当時マリナーズ)の2選手。2009年の第2回大会では松坂大輔投手(当時レッドソックス)、城島健司捕手(当時マリナーズ)、岩村明憲内野手(当時レイズ)、福留孝介外野手(当時カブス)、イチロー外野手(当時マリナーズ)の5選手が参加し、2013年の第3回大会はゼロだった。青木はヤクルトの選手として参戦した06年、09年に連続世界一を経験。WBCは今回が4大会目とはいえ、「日本人メジャーリーガー参戦=世界一」を達成しているだけに、日米通算1965安打の青木へかかる期待は大きい。

人気記事ランキング