野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 高年齢化、若手不足、財政問題…米メディアがマリナーズにチーム再建を提言

高年齢化、若手不足、財政問題…米メディアがマリナーズにチーム再建を提言

米スポーツ専門局ESPN公式サイトでは「再建の時:優勝の夢をあきらめるべきチームはどこ?」という特集記事を掲載。その中で、タイガース、マリナーズ、オリオールズの3チームは「暗黒の時代が来る前に優勝が狙える期間はわずか」「今年はプレーオフ進出を目指して戦うことも致し方ないが、2012年フィリーズのような災難が起こる可能性がある」と警告している。

20160611_iwakuma

2012年以降のフィリーズの二の舞にならないように

 近年メジャーでは「チーム再建」がブームになっている。勝てない“暗黒の時代”に若手有望株を集めてチームを根本から作り直し、長い期間にわたり優勝争いができるチームを作るわけだが、その成功例が昨季108年ぶりにワールドシリーズ優勝を果たしたカブス、ナショナルズ、ロイヤルズといったチームだろう。逆にメジャー主力選手たちとの長期契約が足かせとなり、世代交代が上手くいかずに凋落したのが、2012年以降のフィリーズだ。2011年は102勝でプレーオフに進出するも、翌年に81勝81敗と5割に転落。それ以降は昨季まで負け越しのシーズンが続いている。

 そんなフィリーズの二の舞となりそうなチームがあるという。米スポーツ専門局ESPN公式サイトでは「再建の時:優勝の夢をあきらめるべきチームはどこ?」という特集記事を掲載。その中で、タイガース、マリナーズ、オリオールズの3チームは「暗黒の時代が来る前に優勝が狙える期間はわずか」「今年はプレーオフ進出を目指して戦うことも致し方ないが、2012年フィリーズのような災難が起こる可能性がある」と警告している。

 今オフは12度のトレードで合計35人を動かしたマリナーズが、今季は2001年以来のプレーオフ進出、そして悲願のワールドシリーズ制覇に向けて、本気度を高めているのはご存じのとおりだ。だが、記事では、今季の勝利に注力し過ぎたために、傘下マイナーの選手層が薄くなってしまったことを指摘。トッププロスペクトとされていた左腕ルイス・ゴウハラ、若手右腕タイワン・ウォーカー、元ドラフト1巡目指名のアレックス・ジャクソンらをトレードで放出し、その代わりに即戦力の遊撃ジーン・セグラ、先発ドリュー・スマイリー、三塁ダニー・バレンシア、捕手カルロス・ルイスを獲得している。さらに「まだ球団が4年保有権を持っていたネイト・カーンズを、1年しか保有権のないジャロッド・ダイソンとトレードした」と、長期的ビジョンに立ったチーム作りではないとしている。

人気記事ランキング