野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 優勝候補筆頭ドミニカが昨季18勝右腕ら招集 豪華打線に加え投手陣も万全!?

優勝候補筆頭ドミニカが昨季18勝右腕ら招集 豪華打線に加え投手陣も万全!?

3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝の最有力候補とされるドミニカ共和国代表が、チームをさらに強化した。メジャーで先発として実績のあるジョニー・クエト(ジャイアンツ)、カルロス・マルティネス(カージナルス)、エディソン・ボルケス(マーリンズ)、そして若手有望株のアレックス・レイエス(カージナルス)という4投手の参戦が決まったと、MLB公式サイトが伝えた。

20170108_cueto

クエト、マルティネスら先発4投手が参戦、連覇へローテーションも完成

 3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝の最有力候補とされるドミニカ共和国代表が、チームをさらに強化した。メジャーで先発として実績のあるジョニー・クエト(ジャイアンツ)、カルロス・マルティネス(カージナルス)、エディソン・ボルケス(マーリンズ)、そして若手有望株のアレックス・レイエス(カージナルス)という4投手の参戦が決まったと、MLB公式サイトが伝えた。

 記事によると、この4投手が先発ローテーションを組むことになるという。ドミニカはヤンキースのデリン・ベタンセス、レイズのアレックス・コロメ、メッツ守護神ジェウリス・ファミリアという強力なリリーバー陣も参戦する見込みで、投手陣も豪華な顔ぶれとなった。

 メジャー通算114勝を誇るクエとは、レッズでエースとして活躍。ロイヤルズを経て昨季からジャイアンツに加入し、いきなり18勝(5敗)を挙げた。マルティネスは昨年からカージナルスで先発ローテーションに入り、14勝(7敗)&防御率3.01、16勝(9敗)&防御率3.04と2年連続で安定した成績を残している。

人気記事ランキング