野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

父直伝の“かまぼこ板トレ”!? 西武大石が剛速球復活へ行った珍練習とは

2010年のドラフト1位で埼玉西武に入団した大石達也投手。ここまで苦しいシーズンが続いていたが、昨シーズンはキャリアで2番目に多い36試合に登板し、失点6、防御率1.71と安定した成績を残した。「今シーズンが勝負」と話す28歳はオフの自主トレで元チームメイトから大きな刺激を受けた様子。また、父親から教わったユニークな練習メニューも久しぶりにこなしてきたという。「勝負」のプロ7年目に向けて、どのような準備を積んできたのか――。大石に話を聞いた。

早大トリオから受けた刺激、西武ドラ1右腕が見据える7年目の飛躍

 2010年のドラフト1位で埼玉西武に入団した大石達也投手。ここまで苦しいシーズンが続いていたが、昨シーズンはキャリアで2番目に多い36試合に登板し、失点6、防御率1.71と安定した成績を残した。「今シーズンが勝負」と話す28歳はオフの自主トレで元チームメイトから大きな刺激を受けた様子。また、父親から教わったユニークな練習メニューも久しぶりにこなしてきたという。「勝負」のプロ7年目に向けて、どのような準備を積んできたのか――。大石に話を聞いた。

 今オフは早大時代に3本柱としてともに黄金期を築いた福井優也投手(広島)、斎藤佑樹投手(日本ハム)それぞれと自主トレを行ったという。

 福井とは毎年、自主トレを実施している。早大時代のチームメイトは昨季、所属する広島でリーグ優勝を経験したが、自身は13試合に登板して5勝4敗と成績を伸ばせなかった。それでも大石は福井について今年は調子がいいと見ているようだ。

「肩の仕上がりは順調です。キャッチボールをしていれば、それもわかります。『自分も、もっと上げていかないと』と思いましたね」

人気記事ランキング