野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

本命・武田、対抗・野村か…WBC出場辞退決定、日本ハム・大谷の代役は?

侍ジャパン日本代表は3日、日本ハムの大谷翔平投手をWBC登録メンバー28人から外すことを決めた。2大会ぶりの世界一を目指す侍ジャパンにとって、投打で圧倒的なパフォーマンスを見せる22歳の戦線離脱は痛いところだが、大谷の代役となる先発投手は誰になるのか。

20170202_takeda

有力候補は小久保ジャパン常連の武田翔太か

 侍ジャパン日本代表は3日、日本ハムの大谷翔平投手をWBC登録メンバー28人から外すことを決めた。

WBC出場選手決定の侍ジャパン 世界一奪還へ、「小久保ジャパン」はどう戦うのか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 本来なら3月7日のキューバとの1次ラウンド・開幕戦(東京ドーム)での先発登板が期待されていたエースの離脱。昨季の日本シリーズ中に痛めた右足首の状態が上がらず、1日に日本ハム側が「投手・大谷」の辞退を発表していたが、侍ジャパン・小久保裕紀監督は患部の状態、今後の故障のリスクを考慮して「打者・大谷」としても招集しない決断を下した。

 2大会ぶりの世界一を目指す侍ジャパンにとって、投打で圧倒的なパフォーマンスを見せる22歳の戦線離脱は痛いところだが、大谷の代役となる先発投手は誰になるのか。

 まず有力候補として挙がるのが、ソフトバンクの武田翔太投手だ。

 昨季は14勝8敗、防御率2.95をマーク。11月の侍ジャパン強化試合では10日のメキシコ戦(東京ドーム)で先発した。初回無死満塁のピンチを招いたが、3者連続三振。2、3回は3者凡退。1点リードの4回、四球と失策で迎えた1死一、三塁から同点打を浴びたが、4回3安打1失点。2四球で6三振を奪うなど、まずまずの投球を見せた。小久保ジャパンでも常連で、縦に大きく割れるカーブは世界を相手にしても大きな武器となりそうだ。

人気記事ランキング