野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ田口壮2軍監督が持論「チャンスは3年で9回」 這い上がる選手の傾向とは

オリックスが日本一に輝いた1996年。正左翼手として19年ぶり4度目の日本シリーズ優勝に貢献したのが、現2軍監督を務める田口壮氏だ。イチロー外野手(現マーリンズ)らとオリックスの黄金期を支えた田口氏は、メジャーリーグで経験を積み、2010年から2シーズンを再びオリックスでプレーした後に引退。解説者を経て、2016年にユニフォーム姿に戻った。2軍監督として目指すものは、長期的に戦える体力を持ったチームの土台作りだ。

21070206_taguchi

田口氏が語るオリックス再建論、再び黄金期へ「やり甲斐ある」

 オリックスが日本一に輝いた1996年。正左翼手として19年ぶり4度目の日本シリーズ優勝に貢献したのが、現2軍監督を務める田口壮氏だ。イチロー外野手(現マーリンズ)らとオリックスの黄金期を支えた田口氏は、メジャーリーグで経験を積み、2010年から2シーズンを再びオリックスでプレーした後に引退。解説者を経て、2016年にユニフォーム姿に戻った。2軍監督として目指すものは、長期的に戦える体力を持ったチームの土台作りだ。

 2000年に3位から4位になって以降、オリックスは2008年と2014年(いずれも2位)を除きBクラスに低迷。FA選手や外国人選手での補強で戦力を立て直そうとしたが、なかなか結果が出ていない。昨季は1軍、2軍共に最下位に終わった。すぐに結果が出る特効薬を求めたくなるが、立て直しは「焦ると無理だと思うんですよ」と田口氏は語る。

「基本的に、これだけ長い時間を掛けて弱くなったチームっていうのは、時間を掛けて立て直していかないと強くならないですよね。長期的な目でチームを見ていかないと。それには、自分の契約が単年なのか複数年なのかっていうのは置いといて考えないとダメな部分。僕の中では5年くらいを1つの単位として考えています。チームとしてビジョンを持って、ちゃんと次に受け継げるようにしておかないといけないですよね」

 体制が変わるとすべてが変わるのではなく、チームとして目指す流れを作ること。それが今のオリックスには一番大切なことではないかという。

「入団してきた新人は、合同自主トレではこういう流れでやって、キャンプに入ったらこう、3月のオープン戦に入ったらこう、そして4月に入っていきましょう、という流れで、結果を出せる状況を作っていかないといけない。同時に、5年くらいの年月を掛けてドラフトした選手を見ながら、チーム編成もどうやってドラフトしていくか、どう育てていくか、あるいは(FAやトレードで)補強するのがいいのか。いろいろ試行錯誤をしながら、弱くなったチームを立て直すための、チームとしての方針作りを球団と話し合いながらしないといけないと思います。

 そう言いながらも、1軍はやっぱり勝たないといけないですから。そことどう折り合いをつけながら立て直しを図るか。もちろん2軍も勝たないといけないと思ってやっていますし、負ければ僕も責任を問われれば取る覚悟はあります。ただ時間を掛けないとできないことだというのは、チームの共通理解として持っているので、僕としても(立て直しに注力するのは)難しくはないところですよね」

人気記事ランキング