野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ナ・リーグ本塁打王に「ふさわしい球団」は? 米投票で「日本」が1位に

ナ・リーグ本塁打王に「ふさわしい球団」は? 米投票で「日本」が1位に

ナ・リーグのホームラン王に輝きながら、いまだ所属先が決まらないクリス・カーター内野手(ブルワーズFA)。米情報サイト「トレード・ルーモア」では「カーターにふさわしい球団とは」とのタイトルで、ファンへの投票を呼びかけた。その結果、「日本」がトップに立っている(日本時間6日午後11時現在)。

移籍先決まらないFAのカーター…レイズを抑えて日本が20%超でトップ

 ナ・リーグのホームラン王に輝きながら、いまだ所属先が決まらないクリス・カーター内野手(ブルワーズFA)。米情報サイト「トレード・ルーモア」では「カーターにふさわしい球団とは」とのタイトルで、ファンへの投票を呼びかけた。その結果、「日本」がトップに立っている(日本時間6日午後11時現在)。

 30歳の強打者はメジャーで7シーズン目を迎えた昨季、打率.222、41本塁打、94打点をマークし、自身初の本塁打王に輝いた。94打点、76四球もキャリア最多だった一方、206三振は自身2度目のリーグワースト。現在まで今季、どの国でどのユニホームを着るか決まっていない。

 そんな中、「クリス・カーターの冬はダラダラと長引いている」と報じた記事では、さまざまな球団が強打者に接近していることを伝えた上で契約を結ぶ可能性がある球団として以下の7チームをピックアップ。サイト上で投票を実施した。

○レイズ
○レンジャーズ
○マーリンズ
○ホワイト・ソックス
○マリナーズ
○アスレチックス
○日本

 日本は投票数4113票のうち858票(20.86%)を集め、レイズの797票(19.38%)を抑えてトップに立っている。

人気記事ランキング