野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

復帰2年目のダルビッシュ 米サイトは「球界最高の一人と見るのが妥当」

レンジャーズのダルビッシュ有投手は今年、メジャー6年目のシーズンに臨む。今季限りで6年契約が満了し、オフにはフリーエージェント(FA)となる右腕の去就について、地元メディアは早くも大きな関心を寄せているが、果たして、ダルビッシュは期待通りの活躍を見せられるのか。

シーズン終了後には大型契約との予想も…「大金を得るかもしれない」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は今年、メジャー6年目のシーズンに臨む。今季限りで6年契約が満了し、オフにはフリーエージェント(FA)となる右腕の去就について、地元メディアは早くも大きな関心を寄せているが、果たして、ダルビッシュは期待通りの活躍を見せられるのか。

 米スポーツサイト「ブリーチャーレポート」は「ユウ・ダルビッシュは冬には大金を得るかもしれない」とのタイトルで特集を組んだ。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」では、レンジャーズ番を務めるエバン・グラント記者が、ダルビッシュと再契約を結ぶには年俸3000万ドル(約33億7000万円)×5~6年程度の条件が必要になると予想していたが、同サイトは「総額1億5000万ドル(約170億円)を越える契約を獲得した投手は、5人しかいない」と指摘。“スーパーエース級”の契約を手にするために、今季のダルビッシュに必要な3つのポイントを挙げている。

 ダルビッシュはメジャー2年目の2013年に32試合登板で13勝9敗、防御率2.83、209回1/3でリーグトップの277奪三振という好成績を残し、サイ・ヤング賞投票で2位に入った。ただ、翌2014年はシーズン途中で離脱。2015年はトミー・ジョン手術で全休となり、昨年5月に復帰して17試合登板で7勝5敗、防御率3.41の成績でフィニッシュした。最近3年間はフルシーズンを戦っていないが、MLB球団が重視するセイバーメトリクスの指標ではトップクラスの数値がいくつもある。

 記事では、2012年以降に600イニング以上を投げた投手の中で、防御率が平均値に比べてどれだけ優れているかを示すERA+で129、被OPS(出塁率+長打率)で.645と、ダルビッシュがいずれもトップ10入りの数字を残していることを紹介。さらに、奪三振率11.3は「ベストの数字」だとしている。これらは、2013年を最後にフル稼働できていないダルビッシュが米国内で高い評価を受けている理由の一つで、能力はまさに「スーパーエース級」と見られている。トミー・ジョン手術からの復帰2年目となる今季、実力通りの投球を見せれば、価値はさらに高まるはずだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中