野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「つかみ始めました」 ソフトB高橋純平がたった2日で“変身”したきっかけ

圧巻のブルペンだった。次々と捕手のミットに飛び込んでいくボール。心地よい捕球音が、ブルペン内に響き渡る。ボールを見ながら、何度も頷くコーチ陣がいた。ボールを投じていたのは昨季のドラフト1位・高橋純平、19歳。その変わり身ぶりに、目を見張った。

制球に改善見えた53球…目を見張る変わり身の裏にある「屈伸」とは

 圧巻のブルペンだった。次々と捕手のミットに飛び込んでいくボール。心地よい捕球音が、ブルペン内に響き渡る。ボールを見ながら、何度も頷くコーチ陣がいた。ボールを投じていたのは昨季のドラフト1位・高橋純平、19歳。その変わり身ぶりに、目を見張った。

 宮崎キャンプ第2クール最終日となった9日、右腕は53球のピッチングを行った。そのボールは低く抑えられ、糸を引くような球筋を描いて、ミットへと到達していた。大きく外れるようなボールは数えるほどしかない。「今日は良かったです。つかみ始めました」。制球に課題を残していたはずの姿は感じられなかった。

 第2クール初日。今キャンプで初めてフリー打撃の打撃投手を務めた。最速154キロを誇る真っすぐで、松田宣浩、吉村裕基、福田秀平という1軍の実力者を押し込むなど、球威の強さを見せた。その一方で、松田に27球中11球、吉村に33球中13球、福田に23球中9球がボールとなり、特に高めへと抜けるボールが多かったのも事実だった。

 そこから、わずか2日。“変身”には、あるきっかけがあった。

 高橋本人が明かす。

人気記事ランキング