野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米球宴2度出場の左腕、現役引退でレーサー転身「もう本塁打は打たれない」

米球宴2度出場の左腕、現役引退でレーサー転身「もう本塁打は打たれない」

レンジャーズ、エンゼルスでプレーし、2度のオールスター出場経験もあるC・J・ウィルソン投手が現役を引退し、カーレーサーになると米CBSスポーツ(電子版)が報じている。

20170210_wilson

5年連続2桁勝利など通算94勝、引退も「競争力を放棄するつもりはない」

 レンジャーズ、エンゼルスでプレーし、2度のオールスター出場経験もあるC・J・ウィルソン投手が現役を引退し、カーレーサーになると米CBSスポーツ(電子版)が報じている。

 記事では、「C・J・ウィルソンは野球人生を終えたが、自身の競争力を放棄するつもりはない」と紹介。36歳左腕の現役引退が正式に発表されたことに触れながら、「彼は、代わりにフルタイムでのカーレーサーのキャリアに焦点を当てると語った」と伝えている。

 ウィルソンは05年にレンジャーズでデビュー。当初は救援投手として起用されていたが、10年から先発ローテーションに定着。33試合に登板して15勝8敗、防御率3.35の好成績で、ワールドシリーズ進出に貢献した。11年も34試合登板で16勝7敗、防御率2.94と活躍し、2年連続のワールドシリーズ進出にチームを牽引。初のオールスター出場も果たした。

 12年からはエンゼルスにFAで移籍し、3年連続2桁勝利をマーク。レンジャーズ時代から5年連続2ケタ勝利としたが、その後は怪我に苦しみ、15年は8勝(8敗)止まり。昨年は登板なしに終わり、オフにFAとなっていた。メジャー通算444試合登板(192試合先発)で94勝70敗52セーブ、防御率3.74の成績となっている。

人気記事ランキング