野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

田中に加えダルビッシュも…NY紙がヤンキースの2018年エース候補を挙げる

今季終了後に先発ローテーションの3投手が流出する可能性があるヤンキース。“総入れ替え”の可能性もある名門球団の先発投手陣について、地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「若手選手? ユウ・ダルビッシュ? 2018年にヤンキースのエースを務めるのは誰?」と特集記事を掲載。タイトルにもあるように、田中に加えてレンジャーズのダルビッシュ有投手も来季のエース候補の一人に挙げられている。

20161107_darvish_tanaka

日本人投手2人が来年のエース候補に、「最も可能性が高い投手」は…

 今季終了後に先発ローテーションの3投手が流出する可能性があるヤンキース。エース右腕の田中将大は契約を破棄してFAとなれるオプトアウトの権利を持ち、契約満了のCC・サバシア、そしてマイケル・ピネダもFAになる。田中の契約については、本人も渡米前に「終わった時にそれは考えます。シーズン前に考えることじゃないと思う」と話しており、不透明な状況だが、シーズン終了後の補強は不可欠だ。

“総入れ替え”の可能性もある名門球団の先発投手陣について、地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「若手選手? ユウ・ダルビッシュ? 2018年にヤンキースのエースを務めるのは誰?」と特集記事を掲載。タイトルにもあるように、田中に加えてレンジャーズのダルビッシュ有投手も来季のエース候補の一人に挙げられている。

 同紙で名物コラムニストであるケン・デイビッドフ記者は「現在から1年後に時を進めてみよう。ヤンキース投手陣の将来は、中国の街がスモッグで覆われる日よりもぼやけている。2018年のヤンキースのエースを務めるのは誰だろうか」と指摘。「最も可能性が高い投手から見てみよう」と、順番に来季のエース候補の名前を挙げている。

 1番手で登場するのは、現在のエース・田中だ。デイビッドフ記者は、田中が8日に地元メディアに対して「契約内容のことは把握しています。でも、シーズン前に考えることではないと思うんです」と話していたことを紹介。その上で「この28歳の将来に関する議論を止めることはできない。今シーズン後に彼は残りの契約、3年6700万ドル(約76億円)を破棄しオプトアウトすることができる」と現状について説明している。

人気記事ランキング