野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグTV
  • デスパイネ退団で燃える男・アジャ井上 4年目へ胸中吐露「ラストチャンス」

デスパイネ退団で燃える男・アジャ井上 4年目へ胸中吐露「ラストチャンス」

石垣島春季キャンプ前日の1月31日。千葉ロッテ恒例の1、2軍合同で行われる全体のミーティングが催された。その中でひと際、険しい表情で指揮官の言葉を聞き入る井上晴哉内野手の姿があった。

20170212_inoue

ロッテ井上、デスパイネは「大チャンス」「ラストチャンス」

 石垣島春季キャンプ前日の1月31日。千葉ロッテ恒例の1、2軍合同で行われる全体のミーティングが催された。その中でひと際、険しい表情で指揮官の言葉を聞き入る井上晴哉内野手の姿があった。

 ルーキーイヤーに開幕4番に抜擢されるなど大きな期待をかけられながら怪我にも悩まされ、なかなか思うような結果を出せずにプロ4年目を迎えた。アルフレド・デスパイネ外野手が退団した今季は和製大砲候補として大輪の花を咲かせることのできる絶好の好機。この機会を逃すまいとする野獣の目をしていた。

「今年はマジでやらないといけない! もう何回もチャンスがあるというものではない。これまで打撃で期待をかけられているのに、応えられていない。自分にとって勝負の年なんです」

 昨年のマリーンズ開幕ダッシュの立役者と言っても過言ではない。3月25日、まだ肌寒さの残る本拠地でのシーズン開幕戦。井上は6番・ファーストでスタメン出場をした。マウンドにはファイターズのエース・大谷翔平選手。初回に1点を先制した直後の2死一、二塁。1ストライクからの2球目。変化球を迷うことなく振り抜くと、打球はレフト線に落ちた。2点適時打。難攻不落と思われた絶対エースをいきなり打ち崩し、チームを勢いづかせた。この試合、井上はプロ1年目以来、2度目のお立ち台に上がった。

「お立ち台は懐かしかったですね。1年目の4月以来でしたから。いいスタートを切れた。自分では、ここから、いい感じで進んで行けると思っていた」

 本人が、そして周囲の誰もが、背番号「44」の確変を予感した開幕だった。しかし、その後、気づかないうちに打撃に狂いが生じる。好調の中で、マークも厳しくなった。徹底的な攻めの中で、なんとか結果を出そうとするあまり、これまでいい状態で整っていた形が、いつしか力みとプレッシャーに変化し、思い切りのいい打撃が影をひそめた。その悪循環から数字を落とした。4月25日。2軍落ちを通告された。

「自分からチャンスを逃すような形になってしまった。落ちた時は悔しかったし、ショックでした」

人気記事ランキング