野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 偶然ではないDeNA10代大砲2人の出現 首脳陣が3か月前感じたブレイクの芽

偶然ではないDeNA10代大砲2人の出現 首脳陣が3か月前感じたブレイクの芽

DeNAに魅惑の若き大砲が現れた。それも、2人も。ラミレス監督が「2人は見ていて本当に楽しみ」と期待していたラミ・チルドレンによる競演はキャンプ地に衝撃を与え、スポーツ紙の1面を飾った細川は「ハマのカブレラ」などと取り上げられた。しかし、この春、彗星のように現れたかのような10代スラッガーだが、時を遡ること3か月前。球団首脳陣は、ブレイクの“芽”を秋から感じ取っていた。

20170214_amiya

春に出現した18歳細川と19歳網谷、秋から予感していた球団首脳陣

 DeNAに魅惑の若き大砲が現れた。それも、2人も。13日に行われた阪神との練習試合(宜野座)。19歳の育成2年目・網谷圭将捕手が初回にバックスクリーンへ先制ソロを放つと、7回には18歳のドラフト5位ルーキー・細川成也外野手もバックスクリーンへ“プロ1号”。ラミレス監督が「2人は見ていて本当に楽しみ」と期待していたラミ・チルドレンによる競演はキャンプ地に衝撃を与え、スポーツ紙の1面を飾った細川は「ハマのカブレラ」などと取り上げられた。しかし、この春、彗星のように現れたかのような10代スラッガーだが、時を遡ること3か月前。球団首脳陣は、ブレイクの“芽”を秋から感じ取っていた。

 10月20日に行われたドラフト会議のこと。1位指名した明大・柳裕也を中日との抽選で外し、神奈川大・濱口遥大を入札。以降は育成1人を含む10選手を指名し、話題的にはどちらかという静かに終えていた。だが、球団幹部は手応えを感じていた。支配下選手9人を指名。これは5年ぶりのこと。「支配下の指名数は6~7人になるだろう」。ドラフト前、明かされていた球団の方針を上回る大量指名に、手応えの要因はあった。

 高田GMはドラフト会議を、このように総括している。

「本当は『野手は来年で』思っていた。だけど、3位以下に残っていると思ってなかったような高校生が残っていた。結果的に指名数が多くなった」

人気記事ランキング