野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

工藤監督を悩ませる? ソフトB若き2人が侍斬り 紅白戦でアピール合戦

楽しみな若手が強烈なアピールに成功した。宮崎キャンプ第4クール3日目の18日に行われたソフトバンクの紅白戦。存在感を発揮したのは、甲斐拓也捕手と真砂勇介外野手の2人だ。

20170202_masago

捕手定着狙う甲斐が3打数3安打3打点、「ミギータ」真砂が二塁打2本の大暴れ

 楽しみな若手が強烈なアピールに成功した。宮崎キャンプ第4クール3日目の18日に行われたソフトバンクの紅白戦。存在感を発揮したのは、甲斐拓也捕手と真砂勇介外野手の2人だ。

 まずは、正捕手の座を狙う甲斐は、紅組の「9番・捕手」で先発。3回1死三塁で迎えた第1打席、侍ジャパンメンバーの武田翔太から右前適時打を放つと、6回2死でも島袋洋奨から中前打。さらに7回2死満塁では吉本祥二から中前へ2点適時打を放ち、3打数3安打3打点の大暴れだった。

「結果が出て良かったです。守備でもそうですけど、打撃でも結果を出さないといけない。やってきたことが出せた」という甲斐。守備面でも3回1死一塁から俊足の牧原大成が仕掛けた盗塁を阻止。自らは盗塁を決め、走攻守でアピールした。

「打撃もですけど、盗塁を刺せて、盗塁を決められたことが良かった」

 山下斐紹、張本優大、栗原陵矢とともにA組でキャンプを送るが、B組には鶴岡慎也、高谷裕亮のベテランが控える。経験豊富な2人への挑戦権を得るには、まず若手4人の競争を勝ち抜くことが必須。競争から一歩抜け出す一日になったのではないか。

人気記事ランキング