野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

韓国の元ヤクルト40歳右腕 イチローに浴びた決勝打はWBCで唯一の「後悔」

3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で悲願の初優勝を目指す韓国代表。第1回大会はベスト4、第2回大会は準優勝と存在感を見せていたが、第3回大会はまさかの1次ラウンド敗退に終わった。今大会も強力なメジャーリーガーを揃えたオランダ、台湾、イスラエルと同じ厳しい組に入り、仮に突破しても2次ラウンドでは日本やキューバと対戦することが濃厚。世界一への道は非常に険しい。

WBC韓国代表の最年長・林昌勇、09年決勝の「後悔を振り払う」

 3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で悲願の初優勝を目指す韓国代表。第1回大会はベスト4、第2回大会は準優勝と存在感を見せていたが、第3回大会はまさかの1次ラウンド敗退に終わった。今大会も強力なメジャーリーガーを揃えたオランダ、台湾、イスラエルと同じ厳しい組に入り、仮に突破しても2次ラウンドでは日本やキューバと対戦することが濃厚。世界一への道は非常に険しい。

「自分が決めてやる」 先頭打者ホームランで山田が“お目覚め”(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 そんな中、精神的支柱としてチームを牽引する役割を期待されているのが、元ヤクルトの林昌勇投手だ。サイドハンドから投げ込む最速160キロの直球を武器に、ヤクルトでは3度の30セーブ以上を記録するなど5シーズンでNPB通算128セーブを挙げた右腕は、韓国代表最年長の40歳となった。韓国紙「中央日報」の英字新聞「Korea Joongang Daily」は「最年長プレーヤーは最後の仕事で輝く」とのタイトルで特集記事を掲載。韓国人右腕は、2009年決勝でイチローに決勝打を浴びたことをWBCでの唯一の「後悔」と振り返っている。

「起亜タイガースのイム・チャンヨン(40)にとって、2017年のワールド・ベースボール・クラシックは投手としてプレーする最後のWBCとなるかもしれない」

 記事では、今大会が林昌勇にとって最後の大会になることを示唆しつつ、本人が「チームでの自分の役割は補佐役。今回は他の投手が良い技術と能力を持っているのでプレッシャーが少ないです」と話していることを紹介。メンバーをサポートする覚悟を示しているという。

人気記事ランキング