野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「どんどん走ろう」―ソフトB紅白戦、両軍で計12盗塁 「走塁改革」が進行中

走る、走る、走る。その数、実に12個。次々とスタートを切る走者たちに、目を奪われた。

昨季の107盗塁はリーグ2位、積極的な走塁がV奪還へのテーマに

 走る、走る、走る。その数、実に12個。次々とスタートを切る走者たちに、目を奪われた。

 ソフトバンクが19日に行った紅白戦。初回、右前安打で出塁した今宮健太が決めた盗塁を手始めに「盗塁ショー」が幕を開けた。中村晃、明石健志、上林誠知、牧原大成、福田秀平、本多雄一、川島慶三、釜元豪、甲斐拓也が1つずつ。今宮は3回2死一、三塁から明石と重盗を決めるなど、3つの盗塁を決めた。両軍で、なんと12盗塁も決めた。

「今日のテーマ。今年はどんどん走ろうと。(投球が)ワンバウンドしたら走ろうと、な。(今日は)3球以内に走ろうと」というのは、今季からチームに加わった達川光男ヘッドコーチだ。昨季のソフトバンクの107盗塁はリーグ2位の数字。逆転での優勝を許した宿敵・日本ハムは12球団トップの132盗塁を決めている。積極的な走塁は、打倒・日本ハムのために掲げる今季の狙いなのだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中