野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1軍投手枠は13人、当確多数で残り席わずか…ソフトBの熾烈な投手陣争い

12球団が各地で行なっている春季キャンプ。2月も終盤に差し掛かり、練習試合やオープン戦などの実戦が中心となってくる。各球団それぞれに競争があるが、その中でも特に熾烈なアピール合戦が繰り広げられているのが、今季の日本一奪還に燃えるソフトバンクだ。

20170223_higashihama

狭き門を巡るソフトバンク投手陣の熾烈な争い

 12球団が各地で行なっている春季キャンプ。2月も終盤に差し掛かり、練習試合やオープン戦などの実戦が中心となってくる。各球団それぞれに競争があるが、その中でも特に熾烈なアピール合戦が繰り広げられているのが、今季の日本一奪還に燃えるソフトバンクだ。

 投手、野手ともに分厚い戦力層を誇る上、このキャンプでは続々と若い力が存在感を発揮している。1軍入りは実に狭き門だが、ここでは投手、野手に分け、ここまでのキャンプを踏まえながら、開幕1軍争いの行方を占ってみたい。

 まずは投手だ。工藤公康監督が就任した15年から、28人の1軍枠のうち投手は13人が基本。先発6人、リリーフ7人として考えてみる。

 先発陣は、とてつもなく激しい競争に置かれている。

○当確:和田毅、武田翔太、千賀滉大、バンデンハーク

 すでに、この4人は当確と言っていいだろう。昨季の最多勝、最高勝率の2冠に輝いたベテラン左腕・和田はもちろん、WBCに出場する武田、千賀、バンデンハークは、アクシデントがない限り、ローテ入りは間違いない。となると、残る枠は2つしかない。

○有力:東浜巨

 残り2枠のうち1つは、昨季9勝を挙げた東浜が掴むことが有力か。昨季はプロ最速となる150キロをマークするなど、シーズン中も成長し続ける姿を見せた。キャンプ中のブルペンでも勢いのあるボールを投げ込んでおり、初の実戦登板となった18日の紅白戦では2イニングを無失点。25日の侍ジャパンとの試合でも先発する予定だ。

人気記事ランキング