野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J山田が二塁一本起用に漏らした本音 菊池との定位置争いも「安心感」

2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」の強化合宿が23日、「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で始まった。菊池涼介内野手(広島)との二塁レギュラー争いが注目される山田哲人内野手(ヤクルト)は、「サードをやらなくていいのは安心感がある」と本音を漏らした。

菊池との定位置争いが注目される山田、セカンド固定は「打撃にもいい」

 2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」の強化合宿が23日、「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で始まった。菊池涼介内野手(広島)との二塁レギュラー争いが注目される山田哲人内野手(ヤクルト)は、「サードをやらなくていいのは安心感がある」と本音を漏らした。

侍ジャパン、WBCへ向けて“黒星発進” 練習試合5番勝負の初戦は福岡ソフトバンクに完封負け(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 世界一への戦いへ向け、初日の全体練習を終えた山田。「ユニホームを来て緊張感が高まってきた」と話し、注目が集まる中でのトレーニングに「気疲れもしました」とこぼした。

 昨年11月の強化試合では、山田のサード起用もテストした小久保裕紀監督だが、WBCではセカンド一本での起用を明言している。つまり、圧倒的な守備力を誇る菊池との定位置争いが“勃発”することになる。ただ、山田自身は「セカンド固定」をポジティブに捉えているという。

「去年みたいにサードを守らなくていいのは、正直、自分にとって安心感があります。居心地のいいセカンドを守れるのはバッティングにもいいことです」

人気記事ランキング