野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高知入り555発ラミレス、ライバルはどう戦う? 3監督直撃「ビビる必要ない」

20日の開幕記者会見で試合日程が発表された四国アイランドリーグ(IL)plus。創設13年目を迎えたプロ野球独立リーグで、なんといっても話題の中心となるのは、この男だ。

20170115_ramirez

「1試合5発打ってほしい」の声も…四国IL3球団監督の思いとは

 20日の開幕記者会見で試合日程が発表された四国アイランドリーグ(IL)plus。創設13年目を迎えたプロ野球独立リーグで、なんといっても話題の中心となるのは、この男だ。

 元レッドソックスの通算555発、マニー・ラミレス。今年1月、高知ファイティングドッグス入団で日米の野球界に衝撃を与えたメジャーリーグの“レジェンド”が、どんなプレーを見せてくれるのか、注目が集まる。来日は3月を予定。ファンの大注目が集まっているが、実際に対戦する他チームは、どう迎え撃つのか。3チームの指揮官を直撃した。

 まず「対戦することに意義がある」と話したのは、香川オリーブガイナーズの西田真二監督だ。現役時代に広島で4番も務めた四国IL最古参、就任11年目の指揮官は言う。

「我々からしたら、マニー・ラミレスというのはデビッド・オルティスと並んで2000年代のレッドソックスのスーパースター。実績はNPBの外国人を含めてもNO1でしょう。昔(藤川)球児が(高知に)来た時は打者が対戦したいと思ったけど、今度は投手がラミレスに対して投げられる。ナマで打者も野手も観られるワケだから。それで彼らが何かを感じてくれたらいい」

 大きな注目度によって、得られることもある。

「サッカーでいったらメッシみたいな存在。そういうスーパースターが年配でも来てくれるということで我々も楽しみだし、香川の年配な野球好きも『すごいのが来ますね、絶対に行きます』と言ってくれている。たくさんのお客さんが来た中で、三振を取れれば、選手たちも自信がつくでしょう」

人気記事ランキング