野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「優勝旗の白河越え」へ 選抜で悲願狙う東北の雄、3度決勝で涙した過去

「優勝旗の白河越え」へ 選抜で悲願狙う東北の雄、3度決勝で涙した過去

優勝旗の白河越えは、東北勢の甲子園出場校の悲願でもある。今春の第89回選抜高校野球(19日から甲子園球場)では春1度、夏2度の準優勝がある仙台育英(宮城)、盛岡大付(岩手)、21世紀枠の不来方(岩手)の3校が東北地区から出場する。

19日開幕の選抜…決勝で3度惜敗の仙台育英ら3校が東北勢悲願の初V狙う

 優勝旗の白河越えは、東北勢の甲子園出場校の悲願でもある。今春の第89回選抜高校野球(19日から甲子園球場)では春1度、夏2度の準優勝がある仙台育英(宮城)、盛岡大付(岩手)、21世紀枠の不来方(岩手)の3校が東北地区から出場する。

 仙台育英は昨秋は明治神宮大会の1回戦で、優勝した履正社(大阪)に1-5で敗れたが、東北大会では強打と堅守で優勝した。夏は1989年と2015年、春は2001年で決勝で涙をのんでいる。優勝旗の白河越えを成し遂げるに一番近いチームと言っていい。最速143キロ左腕のエース・長谷川拓帆投手、主将でショートの西巻賢二内野手の2人を中心に、優勝を狙う。

 春夏を通じて、東北勢が決勝戦に進出したのは11度。そのうち3度が仙台育英だった。

〇2015年夏 東海大相模10-6仙台育英

 序盤に4点リードされたが、3回に4連打で3点を返し、東海大相模のエース・小笠原(現中日)にくらいついた。6回に同点に追いつくとスタンドのファンを味方につけた。一気に仙台育英の応援ムードになり、球場全体でタオルが回されるほどの熱気が渦巻いた。しかし、9回にエース・佐藤世(現オリックス)が力尽き、小笠原に本塁打されるなど、最後は4点差で敗れた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」