野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J小久保監督一問一答、WBC本番は「開き直らないといけない場面出てくる」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は3日、壮行試合で阪神と対戦し、2-4で敗れた。これで今季始動後の実戦は1勝3敗となり、WBC前は負け越しが決まった。

本番へ「とことん突き詰める」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は3日、壮行試合で阪神と対戦し、2-4で敗れた。これで今季始動後の実戦は1勝3敗となり、WBC前は負け越しが決まった。

 この日は先発の武田翔太投手(ソフトバンク)が2回3失点と乱調。中田翔内野手(日本ハム)が追撃の本塁打を放つなど、一時は1点差に迫ったが、終盤に突き放された。強化試合は残り1試合。5日のオリックス戦を経て、7日のWBC1次ラウンド初戦、キューバ戦に挑む。小久保監督は試合後、収穫と課題を語った。

 以下が小久保監督の主な一問一答。

――終盤に点が取れず敗戦

「まあ簡単に言えば、2回3失点だったんで追い上げる形になってしまったけど、武田は前回のホークス戦よりは悪かったなと思う。ただその後の投手陣は、1点は取られたけど、牧田にしろ平野にしろよかった」

――武田が悪かった点は?

「ストライク、ボールがはっきりしていた。ストライクを取りにいったボールを結果的に打たれた。もう次は彼が投げるのは本番。いい方向にもっていけるように」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬