野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍の守護神最有力候補・秋吉が痛恨の失点 WBC本番での継投策に影響は?

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は、3日の「アサヒスーパードライ プレゼンツ 2017 WBC強化試合」で阪神(19時開始、京セラドーム)と対戦し、2-4で敗れた。

強化試合で阪神に敗戦…小久保監督「2番手以降のピッチャーは良かった」も…

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は、3日の「アサヒスーパードライ プレゼンツ 2017 WBC強化試合」で阪神(19時開始、京セラドーム)と対戦し、2-4で敗れた。

 先発の武田翔太投手(ソフトバンク)が2回までに3失点。1次ラウンドは65球の球数制限があるだけに、小久保裕紀監督は2回終了時で53球に達していた右腕をあっさりと代えると、本番さながらの継投策で3回以降は無失点。しかし、2-3となった8回に秋吉亮投手(ヤクルト)が痛恨の失点でリードを広げられ、追い上げムードが途切れた。守護神最有力候補に浮上していたサイド右腕が崩れたことで、指揮官にとっては悩ましい状況となった。

 3回から7回までの救援リレーは完璧だった。2番手・牧田が2イニングをわずか21球で“6者凡退”に抑えると、平野、増井、松井が1イニングずつを無失点。すると、沈黙していた打線は7回に中田のソロ、8回には内野ゴロの間に1点を返し、1点差に迫った。「2番手以降のピッチャーは良かった」。以前から、継投について大阪での2試合(3日・阪神戦、5日・オリックス戦)は「実戦(WBC本番)を想定した形になる」と話していた小久保監督も確かな手応えを感じていた。

人気記事ランキング