野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最高の“補強“に!? 4日に侍合流の炭谷、勝利呼ぶ好リード「思ってたより出来た」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。同点の9回に代打の秋山翔吾外野手(西武)が2点三塁打を放ち、劇的な勝利を飾った。嶋基宏捕手(楽天)の出場辞退を受け、急遽招集された炭谷銀仁朗捕手(西武)が7回から出場。好リードでリリーフ陣の力を引き出し、無失点に抑えて勝利を呼び込んだ。

途中出場でリリーフ陣の力引き出す、「そのピッチャーの一番いいボールを」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。同点の9回に代打の秋山翔吾外野手(西武)が2点三塁打を放ち、劇的な勝利を飾った。嶋基宏捕手(楽天)の出場辞退を受け、急遽招集された炭谷銀仁朗捕手(西武)が7回から出場。好リードでリリーフ陣の力を引き出し、無失点に抑えて勝利を呼び込んだ。

 3-3の7回からマスクを被った炭谷。この回から登板した千賀に対しては、直球を軸にした組み立てで好投を引き出し、1安打を許しながらもオリックス打線を無失点に抑えた。8回もスライダーを効果的に使うなど、打者2人を簡単にアウトに。ここで登板した宮西はボール先行で最初のバッターに四球を与えたものの、続く代打・川端を最後はフルカウントからスライダーで二飛に仕留めた。

「普通のゲーム通り、3-3のゲーム状況(と考えて)そのままにいきました。(ボール先行の宮西は)今日だけじゃなくて、本番に入っても短期決戦だし、調子が悪い時や、どうしようと思ったら、そのピッチャーの一番いいボール、自信を持って投げられるボールを投げさせるのが仕事」

 好リードで無失点に抑え、続く9回の秋山の決勝打を呼び込んだ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬