野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

小林が侍ジャパンの“正捕手“に!? 小久保監督が絶賛した豪州戦の「声かけ」

野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦でオーストラリア(東京ドーム)と対戦し、4-1で勝利した。小久保裕紀監督は、2試合連続でフル出場した小林誠司捕手(巨人)を絶賛。日本の“正捕手”がついに決まりそうだ。

20170309_kobayashi

5回1死満塁、2ボール直後に岡田へ声かけ…指揮官「非常にいい間。絶妙だった」

 野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦でオーストラリア(東京ドーム)と対戦し、4-1で勝利した。小久保裕紀監督は、2試合連続でフル出場した小林誠司捕手(巨人)を絶賛。日本の“正捕手”がついに決まりそうだ。

侍ジャパン、2次ラウンド初戦はオランダと対決 日本野球を熟知する難敵撃破狙う(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 小林はこの試合、普段からコンビを組む先発・菅野の快投を引き出しただけでなく、2つの犠打を決めて攻撃面でも貢献。昨年11月の強化試合ではワンバウンドを何度も逸らし、暴投連発となってしまった3番手・千賀のフォークも懸命に止め、好投を引き出した。

 そして、小久保監督が試合後の会見で小林を絶賛したのは、1-1で迎えた5回の場面だ。菅野が65球の球数制限を超えて2死一、二塁で降板すると、左腕・岡田がマウンドへ。しかし、最初のバッターに1球もストライクが入らず、ストレートの四球を与えてしまう。さらに、続くベレスフォードにも2球連続でボール。ここで、明らかに硬くなっている岡田の元へ小林が駆け寄った。

「1死満塁の大ピンチの時、岡田が2ボールとした後、小林がマウンドに行って非常にいい間を取った。その後の次のボールでゲッツーということで、今日の小林のあのタイミングでのピッチャーへの声かけは絶妙だった」

 岡田は2ボールから3球目でベレスフォードを二ゴロ併殺打に仕留めてピンチを脱出。まさに試合の行方を左右する大きな場面だった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中