野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J・千賀が世界に強烈アピール 敵将高評価&米メディアはスプリット称賛

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールBで開幕2連勝を飾り、1試合を残して1位突破を決めた侍ジャパン。今大会、メジャーリーガーは青木宣親外野手(アストロズ)が唯一の出場で、投打で期待された二刀流右腕・大谷翔平(日本ハム)は負傷により直前で辞退。大会前は強化試合でなかなか調子が上がらないなど、本番を不安視する声も上がっていたが、大会開幕後は勝負強さを見せ、キューバ、オーストラリアと撃破した。

20170310_senga

オーストラリア戦で2回無失点4Kの好投

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールBで開幕2連勝を飾り、1試合を残して1位突破を決めた侍ジャパン。今大会、メジャーリーガーは青木宣親外野手(アストロズ)が唯一の出場で、投打で期待された二刀流右腕・大谷翔平(日本ハム)は負傷により直前で辞退。大会前は強化試合でなかなか調子が上がらないなど、本番を不安視する声も上がっていたが、大会開幕後は勝負強さを見せ、キューバ、オーストラリアと撃破した。

侍ジャパン、菊池の美技が生んだビッグイニング 「みんなが流れに乗ってくれた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 海外メディアでは大会前から日本を優勝候補に挙げる報道が目立ったが、ここにきてさらに評価は上昇。その中で称賛の声を浴びている一人が第2戦のオーストラリア戦で3番手として登板した千賀滉大(ソフトバンク)だ。

 千賀は1-1で迎えた6回にマウンドに上がると、いきなり3番ヒューズ、4番デニングと連続で空振り三振に仕留めるた。続くケネリーには内野安打を許したが、ウェルチを空振り三振に切って取った。

 侍ジャパンは直後の7回に中田のソロ弾で勝ち越しに成功。千賀はその裏も続投し、空振り三振、二ゴロ、三ゴロと3者凡退に打ち取った。この日は2回を1安打4奪三振無失点と圧巻の投球で、チームの2連勝に大きく貢献した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中