野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

活躍続ける小林に侍の「正捕手」の自覚 「自分が引っ張っていく気持ち」

野球日本代表「侍ジャパン」は10日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第3戦で中国に7-1で快勝し、3連勝を飾った。3試合連続でスタメンマスクをかぶった小林誠司捕手(巨人)が、1点リードの2回に貴重な追加点となる2ランをマーク。小久保裕紀監督も「日本の正捕手」として絶大な信頼を寄せている。

20170310_kobayashi3

中国戦では会心の2ラン、3試合連続スタメンマスクで光る存在感

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第3戦で中国に7-1で快勝し、3連勝を飾った。3試合連続でスタメンマスクをかぶった小林誠司捕手(巨人)が、1点リードの2回に貴重な追加点となる2ランをマーク。この試合は4回の攻撃で代打・内川聖一外野手(ソフトバンク)を送られ、“お役御免“となったが、大会が開幕してから攻守両面で活躍が光る。小久保裕紀監督も「日本の正捕手」として絶大な信頼を寄せている。

侍ジャパンが3連勝で2次ラウンド進出 小久保監督「全身全霊で…」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 会心の一発だった。2回、2死から好調の松田宣浩内野手(ソフトバンク)がレフト前ヒットで出塁すると、小林が打席へ。2ボールから右腕ガン・チュエンの直球を完璧に捉えた。打球はライナーでレフトスタンドへ。昨年までのプロ3年間で8本塁打の小林が放ったアーチに、巨人の本拠地でもある東京ドーム、そして日本ベンチは大盛り上がりとなった。

「2ボールで思いっきりいっていいカウントだったので。強いスイングを心がけていました。なかなかああいう打球を打ったことがないので…今日は今日で、次またしっかり頑張りたいです」

 試合後、会心の一発を謙虚に振り返った。ただ、3回には1死一塁の場面で一塁走者を強烈な牽制球で刺すなど、持ち味の強肩を生かして守備でも存在感を発揮。7日の初戦・キューバ戦から活躍が続く。

 小久保監督は8日のオーストラリア戦後、小林がピンチで取った絶妙な「間」を絶賛していた。この試合、1-1の同点で迎えた5回に、先発・菅野智之投手(巨人)が1次ラウンドの球数制限(65球)を超えて1死一、二塁のピンチで降板。2番手でマウンドに上がった岡田俊哉投手(中日)は最初の打者にストレートの四球を与えると、次の打者にも2球連続ボールとストライクが入らなかった。

人気記事ランキング