野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • ドミニカ劇勝 敗戦米国メディアも続々速報「衝撃的な勝利」「伝説の勝利」

ドミニカ劇勝 敗戦米国メディアも続々速報「衝撃的な勝利」「伝説の勝利」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド(R)プールCが11日(日本時間12日)、米国・マーリンズパークで行われ、前回王者のドミニカ共和国がアメリカに7-5と大逆転勝利を収め、2連勝とした。

「勝利はUSAの手中にあるように思えた」…ドミニカが5点差大逆転勝ち

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド(R)プールCが11日(日本時間12日)、米国・マーリンズパークで行われ、前回王者のドミニカ共和国がアメリカに7-5と大逆転勝利を収め、2連勝とした。初優勝を期してメジャーの実力者を集めたアメリカは6回からドミニカの猛攻を受け、5点差を逆転された。アメリカメディアも「ドミニカの衝撃的な勝利」「伝説の勝利」など速報している。

「ドミニカが終盤に反撃、アメリカは5点差をフイにする」と特集したのは米テレビ局「CSBスポーツ」電子版。

「そして、彼らはアンドリュー・ミラーに鉄槌を下した」

 この試合8つのトピックスの中で、メジャー屈指の抑え左腕を攻略したドミニカ打線の恐怖を特筆している。

「リードが2点差となっても、8回にアンドリュー・ミラーがマウンドに上がったことを考えると、勝利はUSAの手中にあるように思えた。我々は彼が2イニングを投げるのか、どうかわからなかった」

 インディアンスの左腕が崩れるとは誰も想像していなかったと、記事では指摘している。先頭打者のバティスタを死球で出すと、サンタナに内野安打を打たれた。そして、2014年メジャー本塁打王のクルーズが左翼席に逆転3ランを放ち、マルテも右翼席にソロ弾で続いた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬