野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • また4強止まり、蘭監督は“珍プレー”悔やむ 「初回の走塁が差を生んだ」

また4強止まり、蘭監督は“珍プレー”悔やむ 「初回の走塁が差を生んだ」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝が20日(日本時間21日)にドジャースタジアムで行われ、オランダはプエルトリコに延長11回4時間19分の大熱戦でタイブレークの末に3-4で敗れた。2大会連続で4強止まりとなった元ヤクルトのオランダ指揮官、ヘンスリー・ミューレンス監督は「初回の走塁が差を生んだ」と立ち上がりの“珍プレー”が大きく響いたと振り返った。

プロファーの“ボーンヘッド”でバレの一発は2ランに、「負けたことは辛い」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝が20日(日本時間21日)にドジャースタジアムで行われ、オランダはプエルトリコに延長11回4時間19分の大熱戦でタイブレークの末に3-4で敗れた。2大会連続で4強止まりとなった元ヤクルトのオランダ指揮官、ヘンスリー・ミューレンス監督は「初回の走塁が差を生んだ」と立ち上がりの“珍プレー”が大きく響いたと振り返った。

 先攻のオランダは初回、先頭のシモンズが三塁内野安打で出塁。しかし、無死一、二塁となってからプロファーの打席で二塁走者のシモンズが飛び出した。メジャーNO1捕手のモリーナは見逃さず、二塁に矢のような送球。シモンズが刺され、ボガーツがその間に進塁したため1死二塁となった。

 その後、プロファーは右前打。ボガーツは三塁で止まり、再びチャンスが広がったかに見えた。たが、強肩の右翼ロサリオから本塁へ返球されたボールをモリーナがつかむと、ゆっくりとした動作から突然、一塁へ送球。一塁を回ったところで喜びを全身で表現しながらベースに戻ろうとしていたプロファーを刺した。オランダベンチを煽り、ボールから目を切っていたプロファーは、満面の笑みから一転して“珍プレー”に呆然。モリーナの抜け目のなさも光ったプレーだったが、オランダは走者の“ボーンヘッド”で2アウトを献上した。

 オランダは続くバレンティンが先制2ラン。嫌なムードを振り払う貴重な一発となったものの、シモンズとプロファーがアウトになっていなければ、満塁弾になっていたかもしれない。ミューレンス監督は試合後の会見で「初回の走塁が差を生んだ。負けたことは辛いが、準決勝で戦えたことは誇れる。また4年後に戻って、上を目指したい」と声を絞り出した。1点を争うゲームだっただけに、代償は大きかった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬