野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • MVPストローマンにメジャーリーガーから絶賛の嵐「素晴らしい!」「偉大!」

MVPストローマンにメジャーリーガーから絶賛の嵐「素晴らしい!」「偉大!」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、米国がプエルトリコに8-0で快勝。大会MVPには、この試合で7回途中1安打無失点と快投した米国の先発マーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)が選出された。6回まではプエルトリコ打線を無安打に抑える快投。一世一代の快投劇に、今大会に出場しなかったメジャーリーガーから絶賛の嵐が巻き起こっている。

決勝で6回までノーヒットピッチング、「この大会で投げることは最高」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、米国がプエルトリコに8-0で快勝。大会MVPには、この試合で7回途中1安打無失点と快投した米国の先発マーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)が選出された。6回まではプエルトリコ打線を無安打に抑える快投。一世一代の快投劇に、今大会に出場しなかったメジャーリーガーから絶賛の嵐が巻き起こっている。

 ツーシームを主体とした投球で圧巻の投球を見せたストローマン。2回にベルトランに四球を与えるも、続くモリーナは遊ゴロ併殺打。6回まで打者18人で片付けた。7-0の7回に先頭パガンにレフト線への二塁打を浴び、降板となったが、ドジャースタジアムの観衆はスタンディングオベーション。続くダイソンが後続を断ち、ストローマンは6回0/3を1安打無失点3奪三振1四球の成績で勝利投手となった。

 今大会は3試合に登板して、1勝1敗、防御率2.35。決勝での快投で強烈な印象を残し、MVPに輝いた。「この大会で投げることは最高。この雰囲気が最高だよ。自分は大きな試合になるほど、背筋が伸びて、いいピッチングができると思うんだ。大きな試合で結果を残せることを誇りに思う」。試合後にはこう振り返った。

 プエルトリコ出身の母を持ち、今大会はプエルトリコ代表としての出場も可能だった。しかし、米国代表として戦い、プエルトリコのファンから中傷の声などもあった中、“直接対決”で2試合に先発。2次ラウンドの試合では敗戦投手となったものの、決勝で見事にやり返した。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬