野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “韓国50発男”は開幕メジャーならず OP戦好調で地元紙は「復活」と報じるも…

“韓国50発男”は開幕メジャーならず OP戦好調で地元紙は「復活」と報じるも…

ツインズのキャンプに招待選手として参加していた朴炳鎬内野手が、開幕直前でマイナー行きを告げられたと球団公式サイトなど米複数メディアが報じた。昨季、鳴り物入りで入団しながらメジャーに適応できず、シーズン途中にマイナー落ちとなっていた大砲は、今年の春季キャンプで大活躍。DHのレギュラーとしてメジャー昇格に近づいていたが、開幕はマイナーで迎えることになった。

1年目は失意のシーズン送った朴炳鎬、今春はOP戦の本塁打&打点がチームトップも

 ツインズのキャンプに招待選手として参加していた朴炳鎬内野手が、開幕直前でマイナー行きを告げられたと球団公式サイトなど米複数メディアが報じた。昨季、鳴り物入りで入団しながらメジャーに適応できず、シーズン途中にマイナー落ちとなっていた大砲は、今年の春季キャンプで大活躍。DHのレギュラーとしてメジャー昇格に近づいていたが、開幕はマイナーで迎えることになった。

 韓国で2年連続50本塁打をマークした朴は昨年、ポスティングシステム(入札制度)を経てツインズと4年1200万ドル(約13億4000万円)で契約し、主に一塁手、DHとして出場。打撃に関する前評判は高く、開幕当初は特大本塁打を量産してパワーを見せつけたが、次第に成績を落として62試合出場、打率.191、12本塁打、24打点、80三振の成績で7月1日に傘下3Aに降格。その後、メジャー再昇格を果たすことはできず、今年2月3日にはメジャー40人枠からも外されてマイナー契約に。現在のメジャーでは“格安”とも言える年俸の朴を他球団が獲得するチャンスもあったが、手を挙げるチームは現れなかった。

 しかし、招待選手としてメジャーキャンプに参加した今春は、好調をキープ。いずれもチームトップの6本塁打、13打点で、打率.353、OPS(出塁率+長打率)1.159という圧倒的な成績を残していた。

 29日(30日)のレイズ戦で5本目の本塁打をマークした際には、球団公式サイトが「朴炳鎬はレイズ戦でチームトップとなる今オープン戦5本目の本塁打を右中間に放った。朴はツインズの指名打者として開幕戦に臨むことを目指しているが、40人ロースターに追加される必要がある」と指摘。メジャー昇格の“権利”があると伝えた。

人気記事ランキング