野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

再建図る投手陣は野上、高橋光、小石がキーマンか 西武浮上の握る選手たち

埼玉西武の2017年シーズンは、3月31日に札幌ドームで開幕する。本拠地開幕戦は4月4日のオリックス戦。昨季はパ・リーグ4位の成績に終わり、3年連続でBクラスに沈んだ。今季から指揮官に辻新監督を迎え、Aクラス浮上、そして9年前の2008年以来遠ざかっているリーグ制覇を目指す。ここでは、埼玉西武が2017年シーズンを勝ち抜くうえで、重要な鍵を握る主な選手たちを紹介していきたい。

岸がFA移籍で奮起が期待される先発陣

 埼玉西武の2017年シーズンは、3月31日に札幌ドームで開幕する。本拠地開幕戦は4月4日のオリックス戦。昨季はパ・リーグ4位の成績に終わり、3年連続でBクラスに沈んだ。今季から指揮官に辻新監督を迎え、Aクラス浮上、そして9年前の2008年以来遠ざかっているリーグ制覇を目指す。ここでは、埼玉西武が2017年シーズンを勝ち抜くうえで、重要な鍵を握る主な選手たちを紹介していきたい。

 まずは、昨年オフに岸投手がFA移籍した投手陣。昨季は1年間を通してローテーションを守り抜いた投手がおらず、規定投球回到達も、菊池投手のみに留まった。昨季以上に奮起が促される先発陣の中で、野上、高橋光、多和田にかかる期待は大きい。3投手は昨季、いずれも100イニング前後を投げるなど奮闘したが、野上が3勝9敗、高橋光が4勝11敗と、黒星が先行している。

 どちらも、課題は終盤にかけてのピッチングにある。野上は18回の先発で6イニングを投げきったのは9回。高橋光は、19回の先発で8回と、半数以上の登板で先発の役割を果たせなかった。2人が課題を克服し、投手陣を支える柱となることができれば、Aクラスは自ずと見えてくるはずである。

 リリーフ陣では、小石に注目したい。昨季は1年を通して1軍に帯同し、自己最多の50試合、74回2/3イニングを投げたが、今季もそれを継続できるかが重要になる。昨季は、試合の序盤に先発投手が崩された場合などでのロングリリーフが多かったが、今季はどのような場面で起用されるだろうか。

 そのほかにも、残念ながら肩を痛めて離脱してしまったが、菊池以来となる高卒新人、A班キャンプ帯同となったドラフト1位の今井をはじめとして、速球が魅力の中塚、平井、田村といった大卒、社会人出身の即戦力投手や新外国人選手も加入し、投手陣の再建が図られている。

人気記事ランキング