野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

重くのしかかった直接対決の“借金” 王座奪還へ、ソフトBのキーマンは?

福岡ソフトバンクの2017年シーズンは、3月31日に本拠地ヤフオクドームでの千葉ロッテ戦で開幕する。昨季は北海道日本ハムに最大11.5ゲーム差を逆転され、パ・リーグ優勝を逃してしまった。「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージでも北海道日本ハムに敗れ、3連覇という大きな目標は果たせず。味わった悔しさはまたひとしおだろう。

昨季は日本ハムに最大11.5ゲーム差を逆転される屈辱

 福岡ソフトバンクの2017年シーズンは、3月31日に本拠地ヤフオクドームでの千葉ロッテ戦で開幕する。昨季は北海道日本ハムに最大11.5ゲーム差を逆転され、パ・リーグ優勝を逃してしまった。「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージでも北海道日本ハムに敗れ、3連覇という大きな目標は果たせず。味わった悔しさはまたひとしおだろう。

 ここでは福岡ソフトバンクが昨季の雪辱を果たし、王座奪還を目指すうえで、重要な役割を果たすであろうキーマンについて考えていきたい。

 昨季の福岡ソフトバンクの成績を振り返ってみると、チーム防御率は3.09で、北海道日本ハムに次ぐリーグ2位。チーム打率は.261とリーグ3位で、失策数はリーグ最少。主力である柳田が最高出塁率、和田が最多勝、最高勝率、サファテが最多セーブのタイトルを獲得しており、柳田と千賀はそれぞれパ・リーグの打率・防御率5傑にも名を連ねた。「巨大戦力」と呼ばれるだけの層の厚さを誇っているのは確かだ。

 それでも北海道日本ハムの猛追を振り切れず、大逆転優勝を許してしまったのは、直接対決における借金が重くのしかかったからだろう。福岡ソフトバンクは、北海道日本ハムを除く11球団からは負け越しを逃れているにも関わらず、北海道日本ハムとの対戦成績は9勝15敗1分。天王山と呼ばれた試合でなかなか勝ちを拾えず、シーズン終盤に順位をひっくり返される隙を作った。

 福岡ソフトバンク打線が挙げた打点・得点はリーグトップの数字をマークしているため、2015年のオフに退団した大砲・李大浩の穴だけが敗因ではないだろう。チームの中でも、昨季の結果は単純な戦力不足が原因ではないという結論に至ったと見られ、今オフにおけるチームの方針は、「現有戦力を強化する」ことだった。

人気記事ランキング