野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

岩隈久志、黒星発進も好投に賛辞「ミスター安定感」 指揮官も「興奮した」

今季初登板で力投を見せながらも黒星発進となったマリナーズの岩隈久志投手。4日(日本時間5日)の敵地アストロズ戦で先発ローテ2番手として先発したが、6回4安打2失点の好投も報われず、1-2で競り負けて敗戦投手となった。それでも現地ではその投球を評価する声が上がっており、球団公式サイトでも「ミスター安定感」と評している。

QS達成も味方の援護に恵まれず敗戦投手に

 今季初登板で力投を見せながらも黒星発進となったマリナーズの岩隈久志投手。4日(日本時間5日)の敵地アストロズ戦で先発ローテ2番手として先発したが、6回4安打2失点の好投も報われず、1-2で競り負けて敗戦投手となった。それでも現地ではその投球を評価する声が上がっており、球団公式サイトでも「ミスター安定感」と評している。

 この日はアストロズの強力打線を相手に粘り強い投球を披露。初回は味方のエラーもあり出塁を許したが、無失点で切り抜けると、2回は4番コレア、5番ベルトラン、6番レディックと3者凡退に打ち取った。

 3回1死走者なしで8番マッキャンにレフトへ先制ソロを被弾。さらに同点となった6回にも9番ゴンザレスにレフトへソロ弾を浴びたが、失点はこの2点のみ。クオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成してその後の逆転を待ったが、味方打線が沈黙し、願いは叶わなかった。

 試合後、球団公式サイトは「イワクマはマリナーズにとってここ5年間、ミスター安定感と言える存在であり、彼は6年目も印象深い投球で幕を開けた」とレポート。2被弾以外に得点を許さなかった投球を評価した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」